カテゴリー「Lマウントシステム」の8件の記事

Thursday, 23 December 2010

笹尾根ハイク

101223_sasaone 101223_sasaone_y

暖かい今日は小河内神社から西原峠、上川乗から生藤山には行ったものの西原峠-浅間峠までの一番笹尾根らしいところを歩いていなかったので、そこをを歩いてみました。

五日市から朝一番のバスで仲ノ平へ。

前にも見ましたが、西東京バスは、最初の便で新聞を配っていました。

いつも下って登るときつそうだと思っていた浅間峠までですが、ここのところきついところを多く歩いていたのかラクラク尾根に取り付きました。

Pc230836  Pc230837 Pc230839

大岳山を右に、左に富士山と先日登った権現山方面の尾根と下方には西原集落を見ながらずんずんと進んで行きました。

基本的にはだんだんと高度を下げながら進んでいくわけでたまにピークはあるものの人ともすれ違わずのんびりとした尾根歩きでした。

Pc230841 Pc230842 Pc230843 Pc230844 Pc230845

振り返ると大菩薩連嶺方面はすっかり雪景色でした。

峠毎に上野原方面の案内がありWackeyさんも言っていたけどこちら側から登るのも楽しそうです。

Pc230846 Pc230847 Pc230849 Pc230851

石の道しるべには、「ひだり さいはら」「みぎ かづま」と書いてありました。

笹尾根も昔は交易路だったんでしょう。

いつもの通り予定よりも早くすすみ、浅間峠で早飯と思っていたのですが、まだ11時チョイ過ぎとちょっと早すぎの感があったので熊倉山まで進みました。

Pc230853 Pc230855

熊倉山

熊倉山は、実は一部の方に送った去年の年賀状のモノクロ富士山を撮ったところです。

まだ12時前でしたがここでお昼をいただきました。

今日は、横着して、カップヌードルカレーライトとレトルトごはん。

お湯を沸かしてカップヌードルを半分ぐらい食べたところで、ご飯を無理やり入れて食べましたが煮込めばおいしいんでしょうが、かたいうちに食べたので△でした。

こんなことなら、チンしてから運んだ方がよさそうです。

どうせバスは14:08発なので、のんびり30分かけてお昼をいただき(だったらユックリ作ればいいのに)先にお昼を食べていたご夫婦会話をしたりしました。

このご夫婦は、水戸から朝一番にいらっしゃったそうです。

食事が終わって、軍荼利神社元社の先から早々に下山し、軍荼利神社奥の院をぬけ、神社のお水をいただいてきました。

ちなみに軍荼利神社は勝負の神様だそうです。

Pc230856 Pc230857 Pc230858 Pc230859 Pc230860

ここの水は本当においしいです。

富士山や先日の雨降り山などを見ながら井戸バス停まであるいて40分ほどバス停でバスを待っている間にパノラマ撮影をしてみました。

Ido_p Pc230861 Pc230862

ちなみに、今日のフィルムカメラはものすごく久しぶりにこれを使ってみました。

Pc230866

メーターはないし寄れないことが難点だけど、軽さはPEN並みで機動力も高く結構便利でした。

これなら、35mmだけでなく、50mmや90mmも楽々持ち歩けますから寄れない分をカバーできるとり方ができそうです。

メーターは、ネガのラチチュードでのカバーと、カンとPENが教えてくれますからなんとでもなるので問題なさそうです。

また集中して使ってみましょう。

| | Comments (0)

Tuesday, 15 December 2009

Book crossing

ブッククロッシングという、本を登録して世に放ちいろんな人の手を介して「本を旅させる」という活動がある。

自分がいいと思った本をほかの知らない人にも読んでもらえるなんてなんだか楽しい気がして去年の7月ごろからたまにベンチとか、駅の本棚とかにリリースしている。

今まで11冊ほどリリースしたんですが、なかなか「読んだよ」っていう登録をしてもらえませんでした。

このごろ山への行き帰りで今まで以上に本を読むのでまた家にあふれ出してしまい、久しぶりに何冊かリリースした。

すると、昨日初めてリリースした本に登録をしていただきました。

手にとって読んでくださった方が同じように楽しんでくれたらうれしいです。

 ところで、ここのところ良くワサビ田を見ます。

先日の本仁田山からの下山口ではワサビの花が咲いていました。

Wasabida

| | Comments (0)

Monday, 14 December 2009

モノクロームの味

昨日の海沢の滝。

三ツ釜の滝と大滝

Mitsugama Ootaki

大滝が全然大きく見えません。

ねじれの滝というのもあったけど行ってみませんでした。

ついでに、ただ休みなのかもうやっていないのかよくわからん大岳山荘の入口。

Oodakesansou

こんなさびしげな写真にはモノクロームが似合うようで。

リュックの横ポケットにPen、後ろの上のポケットにCanonVILのコンビは決行リズミカルに撮れました。

新しいリュックはほとんど腰で支えるので、肩は軽いし腰だけで支えて後ろのポケットは開けられるしでかなり機動力が上がりました。

あとは、この後ろポケットにどのカメラまで入るかでアプローチがちょっと変わってしまうかもしれません。

ちなみにAE-1は入りました。

多分NewF-1はOK、T80がギリギリ、EOS-1Vがきびしいといったところかな。

ただ、腰だけで支えるのは鍛えていない下半身には結構こたえるようで、今日になっても実はまだ足腰が痛いです。

明日は仕事で一日中立ちっぱなしなので情けないけど痛みが長引いちゃうかもしれません。

| | Comments (0)

鳩ノ巣-大楢峠-海沢探勝路-大岳山ー馬頭刈山-五日市

今日は鳩ノ巣から大岳山を越えて五日市方面へと向かった。
鳩ノ巣-御岳-大岳山ではどうにも時間がかかってしまい五日市方面は厳しそうだったのでいろいろ予備調査をしたら、海沢というところを通って行くとどうやらいけそうだと分かりそちらをめざした。

鳩ノ巣から大楢峠で海沢林道に出る。
すっかり下りになっていつしか舗装路になったあと海沢探勝路の入り口に到着。

Onaratoge Otakeura Unazawa 

ワサビ田と沢の流れを越えていくといくつもの滝がある素敵なところでした。
途中鉄の階段やこんな岩を越える楽しみもあり、ワサビ田を縫うように走るモノレールをくぐったりかなり楽しめました。

Tansyoro Tansyoro2_2 Tansyoro3 Odaki Otakeakuro

「悪路」と書かれているものの全然そんなことはなく、この前の川苔山-本仁田山の間の方がよっぽど「悪路」でした。

沢を離れて登り始めると鋸尾根まで結構ずるずるの坂を登って行き結構体力を消耗しました。
楽しいと言いながら、このあたりで、手ぬぐいの上にかぶっていた帽子をいつの間にか落としてしまいました。
アフリカへも行った18年ものでしたがさようなら。
いつかまた登った時に落ちてたら拾ってきましょう。

Saneki 05620
鋸尾根の登る寸前に取り付いた尾根に出ていた標識、「奥多摩、白丸、鳩ノ巣」3駅に戻れる道です。
ついでに鋸尾根からの入口の標識。
なぜか案内がありません。

大岳山はまたまたかすんでいて景色が悪く、SOYJOYを一つ食べて早々に移動を開始しました。
ちょっと降りたところにある大岳山荘は、「本日閉店」と書いてありましたが、もうやっていない様子でした。

Otakesantyo Otakesanso Otakebunki

富士見台でお昼にしようとして、ベンチに女性がお二人いらっしゃったのですが、横のベンチをお借りして、一緒にお昼をいただきました。
おみそ汁や、おまんじゅう、リンゴまでたくさんいただきおかげで今日は豪華なお昼になりました。
本当に「ごちそうさまでした」

このお二方はいま、関東ふれあいの道を踏破中だそうです。

食べている最中に通り過ぎて行った方から実は富士見台はもうちょっと先だと教えていただきましたがまあいいでしょ。

ここでなんと自転車の外人さんが通過。
身振り手振り話法で聞いたら、奥多摩からスタートして鋸山林道を通りここまで来たとのこと。
すごすぎ。
歩き出してからこの先も結構岩場があり何度か抜きつ抜かれつしながら進みました。
"Today is not cycling. Up Down! Up Down!"などど嘆いていました。
たぶんだいぶ担がれたんじゃないかと思います。

途中「つづら岩」というところは岩登りスポットらしく皆さん登っていらっしゃいました。

Iwanobori Furikaeriotake Tsuruasi Mazukari

今日はすごい人にいろいろあいますねえ。

鶴脚山、馬頭刈山と越えて軍道で道路に出て十里木まで下ろうと思っていたのですが、その手前で「瀬音の湯」方面という標識が出たので、そちらから瀬音の湯へ。
瀬音の湯手前では、最後に里山歩きを楽しめ、冬イチゴまで見つけました。
冬イチゴはおいしいらしいです。
そして山へ向かうとは思えない散歩道に出ました。

Nitago Fuyuichigo Seoto

汗を流してすっきりしたので、もうひと歩き五日市まで歩いて見ることにしました。
檜原街道の旧道らしき道をのんびりと進むと小一時間で武蔵五日市駅までつきました。
ちょうどホリデー快速に乗れて家路につきました。

今日のお供は、CanonVIL+モノクロ。
現像終わったけどこちらのスキャンはあす以降で。

思った通り大岳-御岳あたりはGPS携帯にはよくない電波が出ているようで今日も途中で落ちてしまいました。
なので、途中主導で記入したため距離は不明です。
もうちょっと行ってるとうれしいけど多分25Kmくらいかな。

Hatootakeitsu

| | Comments (0)

Sunday, 06 December 2009

鳩ノ巣-舟井戸-川苔山-(鋸尾根)-コブタカ山-本仁田山-奥多摩

中央線の高架化も問題なく終わっており、奥多摩-青梅間で駅伝が行われたようだが始まる前にスタートして帰りは終わっていて影響はなかった。

昨日とは打って変わった天気で鳩ノ巣から気持ち良くスタートした。

一番楽なコースを選んだようで、ほとんどトラバースしているだけでいつになったら登るのかという感じで尾根の下をゆっくりと進んで行き、まずはお昼前に川苔山へ。

Hatonosukumo Funaido Kawanori

山頂からは、富士山やより奥の奥多摩の山々が良く見えました。

雲取山の方だろうか、すっかり雪景色になっていた。

そろそろ軽アイゼン買わなくちゃ。

Ishioneyuki Kawanorifuji

すでに11時過ぎぐらいでみなさんお昼の準備を始めていましたが、またまた貧乏性が出てもうひと頑張りしないとお昼にする気にならないので、お昼は本仁田山へ行ってからにしようと決める。

今日はなんだかおなかがすいていたので、非常食に持っていた3本のSOYJOYのうちの一本をたべてスタート。

今来た道を少しもどり、本仁田山への分岐を「悪路・急坂注意」を無視してすすむ。

確かに手足を使って梯子を下りるように慎重に下らなくてはいけないところも結構あったけど、もう下りに入っていて気は楽なので、ゆっくりと楽しみながら進んで行った。

Kawanoriniko 巻き道と合流したところで振り返って1枚。

どうやら、ここも鋸尾根というらしい。

ここからはまた少しだけ登ってコブタカ山の分岐点、山というより峠かな。

Kobutaka

鳩ノ巣からはこっちに登ってきてもよかったようで、今度はこっちも使ってみましょう。

またもうひと踏ん張り登って尾根の上で向きを変えなだらかなスロープを進んでいくと本仁田山。

ここは景色はいまいちでした。

1時前になってしまったのですぐにお昼にする。

Honitayama Honitabento

食べ終わったらとっとと下山。

降り立ったところにある沢には沢山のワサビ田がありました。

この道もクマが目撃されているようです。

幸いなことに今日見た動物は鈴と無線らしきものをつけた猟犬だけでした。

Wasabida Ajisawakuma

奥多摩工業の引き込み線の廃線跡をくぐって氷川国際マス釣り場を越えると、奥多摩駅もすぐなのだが、ここの川と山に挟まれて奥多摩工業がそびえたっていた。

つぎはぎで建て増しされて機械は動いているけど人は見えないどこかで働いている。

まるで悪の秘密基地の様。

奥多摩工業さんには失礼ですが、「セメント樽の中の手紙」を思い出してしまいました。

Sementohaisen Okutamakogyo

結局2時半には奥多摩駅に着いたので、「もえぎの湯」で汗を流して帰りました。

奥多摩から青梅立川と乗り継いで帰ると二時間の行程でした。

やっぱ奥多摩は遠いなあ。

Kawanorihoni

今日は、19.8Km。ただ高低差は昨日の倍以上あったと思います。

| | Comments (0)

Saturday, 05 December 2009

稲荷山コース高尾山頂-景信山-堂所山-奈良子尾根-藤野

午後には天気が悪くなるということだったので、どうとでもなる高尾山へ。

登ったことのなかった「稲荷山コース」で山頂まで。

山頂に着くころには、曇りだして、さすがに先週のように逃げ切れる雰囲気ではなさそうでした。

Takao

今日こそは、汗をかかないようにゆっくり登るんだと思っていたもののやっぱり汗をかいてしまうので、タオルを絞らない程度で進むという目標にチェンジ。

これも一丁平でもろくも崩れてしまいました。

それでもゆっくりペースで進み、小仏峠、景信山と進んでいくと、もうシーズンオフなのか、天気が悪いからなのか景信山の売店はもうすっかりしまっていました。

Kagenobu1205

堂所山へ行き、ここで、北高尾山稜をもうかれこれ200回は歩いているという方に会いました。

南アルプスの縦走のトレーニングにアップダウンがいいんだそうです。

この方に、笹子-初狩の滝子山というのが静かでいいと教えていただきました。

今度行ってみましょう。

中央の縦走路に戻り汗をかかないように歩いていると、とうとう雨が降り出し、少しすると本降りになってきてしまいました。

いよいよ、レインウェアの登場。

上着、ズボン、スパッツ、リュックカバーで固めて再び出発。

靴がどろどろで、ズボンをそのまま履けずにちょっと手間取ってしまいました。

すぐに明王峠に到着。

ここもお店はやっていませんでしたが、屋根つきの休憩場所があるので、ここでお昼にしました。

Bento6l

こうしてならべると今日のお伴のCanonVILがかっこいい。

露出計はいるけど、重厚なカメラたちの前で、この40年前のフラッグシップ?はかなりコンパクトで軽く、とても持ち歩きやすいことがわかりました。

雨も本降りが続いていたので、陣馬山まではいかず、奈良子峠から奈良子尾根をつたって下山。

Naragoyurai

陣馬温泉をとおりぬけ、誰かのいたずれのように全部の茎の先がくるくると結ばれた笹を見つけました。

Sasamusubi

VILで撮っておきたかったけどさすがに雨の中傘もなしに出せるカメラじゃありません。

しばらく歩くと栃尾尾根からくる道と合流し藤野駅へ。

明王峠あたりからは気温も下がりレインウェアを着ていても汗をかかずに進めました。

ゆっくり進んだので、「距離は稼がず。」のつもりだったのですが、なんだかんだで、22.9Km

焦って歩いてもくたびれて何度も休憩してしまうから、のんびり止まらずに歩くのとなんら変わらないのが明白になってしまいました。

Takaonarago

| | Comments (0)

Tuesday, 14 July 2009

蛇の目蝶

先日久しぶりに撮ったキヤノンVIL+ライカエルマー9cmF4

こんな撮り方したのは初めてですがメイッパイ寄って逆光で蛇の目蝶を撮ってみたら

こんなにきれいなボケがとれました。

Janome

肝心の蛇の目蝶は真っ黒ですけどね。

| | Comments (0)

Wednesday, 08 July 2009

アンダーぎみ

nam。さんと話していて、私の場合ポジがアンダーぎみが多いというお話をしたのですが、

日陰とか、夕方とかそんなのが多いからなんだと思います。

たとえば今回のこんなのもそんな例。

色が派手なベルビアを使ったのにこんな感じでした。

Hakuchozou Tamaajisai

どっちも補正してます。

そのままだと真っ暗なネガでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

B-PUMP荻窪 BASECAMP EOSシステム FDシステム iPOD Lマウントシステム PUMP1 PUMP2 T-WALL江戸川橋店 T-WALL錦糸町 あきる野の岩場 その他の岩場(H) その他の岩場(I) その他の岩場(T) その他の岩場(Y) つづら岩 アイドル・芸能 アンドロイド ウォーキング カサメリ沢 カシミール カメラ機材 クライミング コンパクトカメラ サムズアップクライミングジム スイミング スポーツ祭東京2013 トレラン トレーニング パソコン・インターネット ヒーロー物 ビッグロック日吉店 ファイブテンカップ フィルムスキャン ボルダリング ポメラ マイクロフォーサーズ マニュアルフォーカス マラソン大会・ランニング マンガ・アニメ モノクローム リバストーン 三ツ峠 中判カメラ 二子山 二輪 写真・カメラ 北川の岩場 地下足袋ラン 城ケ崎シーサイド 城ケ崎ファミリークラック・エリア 城山 天王岩 太刀岡山 小川山 山歩き 山菜 岩根山荘アイスツリー 川乗谷の岩場 広沢寺 御前岩 御岳ボルダー 懐古趣味 携帯・デジカメ 散歩写真 旅行・地域 日原白妙橋 日向和田カーネルロック 日向和田ハーフドーム 日和田山 日記・コラム・つぶやき 旧地番 暗室 書籍・雑誌 有笠山 アドベンチャーランド 有笠山 フェアリーロック 有笠山 ヘルケイブ 有笠山 南国エリア 本日(最近)のできごと 東久留米スポーツセンター 東吾野阿寺の岩場 柴崎ロック 氷川屏風岩 池田フェイス 河又の岩場 河又タワーロック 河又蛇岩 河又雷岩 深谷クライミングヴィレッジ 湯河原幕岩 烏山中学校クライミングウォール 特撮 玉川上水 甲府幕岩 画像補正 神戸の岩場 祭り 移動用乗り物 筆記具 聖人岩 腰越の立岩 花・木 障子岩 障子岩三池ロック 食べ物 鷹取山