49 posts categorized "FDシステム"

Thursday, 27 September 2012

原点に帰って陣馬-高尾山歩き

最初に田舎道から山に行ったのが高尾山。
いろいろ登って藤野からはじめてあがった栃谷尾根
ということで、New-FDに35mmF2をつけて藤野から高尾山口までいってきた。
舗装路をあがり家の前から畑に入るところの無人販売所で久しぶりにあのおいしい梅干しをGET。
3袋も購入しました。
当時はヘロヘロになった気がするのだけれど、汗ばむ程度で陣馬山に到着。
そこからは、これまたこんなところを走るトレランの人は考えられないと思っていたのに、軽快に小走りになりながらあっという間に明王峠。
てな具合で堂所山や、景信山、小仏城山と通り抜けて高尾山へ。
お昼前に到着して、ちょこっと休んで稲荷山コースで下山。
お饅頭屋さんの喫茶でお汁粉をいただき、それをお昼として帰りました。
6:14藤野駅で、

しっかりハイペースで歩いてしまいましたが、すっかりくつろいだお散歩的な山行でした。

久々のフィルムカメラで現像に出すのも忘れたので、写真はまた別の機会に。

| | Comments (0)

Sunday, 25 April 2010

鷹ノ巣山で特製昼飯。

今日の行程
100425takanosu 100425takanosu_g
先週と同じ7時25分発の小菅行きに乗り、倉戸口から鷹ノ巣山をめざしました。
P4251636
奥多摩湖沿いの道路から階段を上って倉戸山の登山口がスタート
P4251637 P4251638
最初はちょっと急坂で広い広葉樹林の尾根を登り始めるとあっという間に倉戸山についてしまいました。
P4251640 P4251641
このあたりは動物の踏み跡や地面に転がった跡がたくさんあるし栗の木があったりとたしかにクマに出逢いそうな雰囲気がありました。
登って行くほどに広くゆるやかになっていく尾根道を進んでいくと突然ダチョウのような生き物が飛び跳ねました。
と思ったら、2頭のシカのお尻でした。
奥多摩でやっとサルより大きい動物を見ました。
これ以上大きいのは会いたくないですけど。
 またしばらく進み、とくに目印はないところでしたが榧ノ木山ノあたりで朝のおやつにバームクーヘンを一つ。4時台に朝飯を食べるとどうもおなかがすいてしまいます。
水根の分岐から石尾根重層路まではまたちょっと登りがきつくなり石尾根に乗ったら鷹ノ巣山はすぐそこ。
12:30到着の予定が10:40ごろには早くも到着。ゆっくりお昼の準備を開始しました。
昨晩お好み焼きでご飯がなかったので、今日は特製昼食。
ちょっと塩を入れた粉と生みそ汁を持参。
お湯を沸かしつつ、ビニールの中で粉をよく練ってすいとんに。
P4251647 P4251648 P4251649 P4251650
ゆでが甘くてちょっと真ん中が生っぽかったけどおいしく頂きました。
食後に鍋をすすぎつつもう一度お湯を沸かして紅茶を一杯。
ここまでの所要時間約30分強。
すぐ出来て荷物も軽くなるし日持ちするし、みそ汁の部分を変えれば結構バリエーションもあるし縦走に向いているかもしれません。
11:20には早々と撤収して日原方面へ下山。
まだまだ登ってくる人がたくさんいらっしゃいました。
稲村尾根まで下りてちょろっと行ってみるかとリュックを置いて登ってみました。
P4251652 P4251653
ボルダリングをはじめて楽しくなっているだろうから調子に乗らないように自分に言い聞かせようと思ったのですが、落ちても大丈夫なように守られているところで登りやすい靴をつかって登ることを覚え、身の程を知ったようで、途中まで行くと怖くてどうしようか迷ううほどだったので、そういうときは無理をするのはやめようと思い途中までで引き返しました。
ずっと下ってきて足が疲れているから正しい選択だったと思います。
こんな早くに降りて来たので、とっとと戻ってもえぎの湯へ。
スタンプ三つ目でソフトドリンクももらいくつろいで駅に戻ると交番前で見慣れた顔が。。。
中学時代の同級生でした。
永遠の電車小僧の○○大付属小学校のH先生はNikonのMFをぶら下げていたので、「電車?」と聞くと、
「今日はオレンジの電車(201系)が運転されるので山の秘密の撮影スポットに登って写真を撮っていた」んだそうです。

どおりで朝やたら三脚とカメラを持ってる電車小僧が多いと思ったらそういうことだったのですね。
と、割と近くでシカを見たり、同級生を見たり(会ったり)とよい偶然が多かった一日でした。

| | Comments (2)

Wednesday, 21 April 2010

ピアノ

先日のフォトラバーさんの花見? フォト・ラ・BARの写真が出来上がってきました。

100403img 100420_piano


ピアノってカラーでもモノクロでも様になっている気がします。

小学校の時「子供のバイエル上巻」いわゆる「赤いバイエル」はやっていました。

| | Comments (0)

Monday, 19 April 2010

久しぶりにモノクロ現像。「四谷道、青山道」

昨日お花見の時に撮り始めたNEW-F1のモノクロネガがやっと撮り終ったので2月以来のモノクロ現像をした。
予想通り現像液は真っ黄色になっていたので、新液を作った。
まだまだモノクロで色を感じられる領域にはなりません。

さて、今日の一枚。
Yotsuyamichi
フォトラバーさんに向かう途中で見つけました。
世田谷でもこんなのが残ってるんですね。

道しるべはいつになっても頼りになります。

| | Comments (0)

Sunday, 31 January 2010

今日も東日原。小川谷林道-七跳山-一杯水-ヨコズス尾根-東日原森林館

泊まればいいのに一度帰って再び今日も。

090131nanahane →携帯はまたうまくとれずeTrex camoなので距離は不明。

なんか知らないけど団体さんがいて東日原行の臨時便が出て2台編成でした。

帰りに見てたら途中の渓流釣り場でアウトドアのイベントをやっていたみたいです。

東日原からGPSをつけて日原街道をひた進み、一石山神社や日原鍾乳洞をこえ、今度行きたい金袋山の巨樹探勝コース、タワ尾根の入口をみつつとにかくひたすら1時間以上歩いて行くとやっと酉谷山登山道へ。

P1311302 P1311304 P1311305 P1311306 P1311307 P1311308 P1311309 P1311310 P1311311

ここで登っていきたいところですが、コースタイムで考えると東日原バス停に戻るのが5時を越えてしまうのでもう一息進んで七跳山の登り口へ。

P1311312 P1311314

ここまでたらたらと来たので、上りがきついきつい。

途中私と同い年のカラマツの看板を見つけました。昭和42年春って早生まれの私と本当に近いです。

ほどなくして長沢背稜に取り付きました。

今日はFD-マイクロフォーサーズアダプタを持って行ったので、135mm×2で取り谷山を覗くと避難小屋が見えました。

七跳山頂上は何にもないですがちょっとだけ雪が残り、程よく木があってお昼には静かでいいところでした。

P1311316 P1311318 P1311319 P1311320

もう後は長沢背稜を楽しんでハナト岩というところでちょっと景色を楽しんでから三つドッケ下の一杯水避難小屋へ。

トイレを借りてヨコズス尾根を下りました。

P1311321 P1311323 P1311324 P1311325 P1311326

昨日登りっぱなしと感じただけあって、下りっぱなしであっという間に奥多摩工業の柵まで降りたちました。

東日原へは想定より速く14:05ごろに降り立ったので、この前入り口までしか行かなかった日原森林館へ。

10分程の各地の巨樹の資料映画を見せていただいたら眠ってしまいそうになってしまいました。

14:50のバスに乗り、勧められた「奥多摩登山考」を観光案内所で買おうとしたらもうなくなっていたので、同じ筆者の「金副隊長の山岳救助隊日誌」を買ってからポイントでもえぎの湯へ。

汗を流して帰りました。

この本、結構重い内容らしいですが心して読もうと思います。

| | Comments (0)

Monday, 25 January 2010

眠くて眠くて

なんとか日が変わらないうちに飯を食い終わった。

ひたすら登っているよりも疲れるかも。

とそれはさておき、

NewF-1+200mmマクロ。

100123img_0006 100123img_0010

大岳山は3回目にしてやっと富士山が見えるほどの天気でした。

この使い方じゃ200mmはあんまりいらないかもしれない。

しかもPLフィルターをいっつも忘れてしまう。

むしろ、28mmとか24mm、20mmといった広角の方が楽しいかもしれない。

ということで、昨日は、EF17-40mmF4L+EOS-1Vを持参した。

とはいえ普通のフィルムがなかったので、Naturaで思い切り絞りこんで使ってみた。

まだフォトラバーさんには送っていないけどどんなふうに撮れてるかちょっと楽しみ。

| | Comments (0)

Sunday, 10 January 2010

おなかがすいて力が出ない~八王子城址-堂所山-矢の音-吉野-藤野

今日は、北高尾山稜を縦走。

高尾駅からスタートして藤野まで歩いたわりには22.8Kmでした。

100110doudokoro

いつもより10分ほど早く家を出て7:25ごろ高尾駅到着。

朝日を浴びながら霊園方面に三光鳥?という鳥の声を聞きながら八王子城址まで。

P1101101 P1101102

ここだけで楽しめるように散策路が整備されているところを神社まで登り、裏手から北高尾山稜縦走のスタート。

低いながらも城があったというだけあってはるか遠くまで見渡せるとても眺めのいい場所です。

P1101104 P1101103 P1101105

天守閣跡から進んでいくとヤマドリが飛び立っていきました。

山歩きしていると「自然」って言葉が出てきますが、良く考えればここも鎌倉時代より前から開発されているわけで自然って何だろうってちょっと思ったりしながら進んで行きました。

前に来た時はものすごくつらかったのですが、今回はそこまできつく感じず(楽じゃないけど)ちょっと進歩したなあと思いました。

P1101106 P1101107 P1101109

ところが、それなりにいい運動なようで、まだ10時過ぎというのに途中でおなかがすいて動くのがつらくなってしまいました。

アメや水でごまかしていましたがどうにもつらくなってきて仕方がないので、カロリーメイトをひと箱(200Kcal)食べて小腹を落ち着かせて再スタートし、アップダウンを繰り返しながら堂所山へ。

12:00目標が11:10ごろには到着したので、この前雨が降った時に使った奈良子尾根で行くのではなく、明王峠から、藤野15名山の最後の一つ「吉野矢の音」経由で下山することにして、矢の根でお昼にしようとさらに進んで行きました。

ところが、明王峠を下って行くとまたまたおなかがすいて仕方がなくなり、どんどん歩くのがおっくうになってしまいました。

これで寒かったらやばいなあと考えつつ、本当にあぶら汗が出そうになりながら「吉野矢の音」に到着。

ちょうど12:00チョイすぎだったのでいそいそとお昼に。

おなかが空きすぎていたからか雪のあった昨日よりも寒く感じてフリース、ユニクロダウン、雨具と重ね着してお昼をいただきました。

ここでも三角椅子が役に立ちました。

P1101110 P1101112 P1101113

ここからしばらく前に息子と歩いた道を進み、吉野への分岐で神奈川国体コースの吉野方面へ。

P1101114 P1101115 P1101116

良く滑る落ち葉の道を慎重に下っていき下り立ったところは前に間違えた甲州古道の吉野方向への分岐。

ここからは甲州古道をたどって藤野駅までもどり、今日は高尾でフロッぴいに寄って京王線で帰りました。

P1101119 P1101120 P1101121

そして今回の教訓と気づいたこと。

1.いざという時の行動食はしっかり持っていくこと。

2.低山でも日陰は寒いので上着はしっかり準備すること。

3.下りの高尾山口行きが線路が一つしかないトンネルの中に吸い込まれて行くのを見て、京王線って高尾-高尾山口間って単線なんだと改めて気付きました。

| | Comments (0)

Monday, 21 December 2009

フィルム現像

鷹ノ巣山は、PenのほかにNew F-1にKodacの400TMAXを入れていった。

フジのフィルム現像にはかなり慣れてきた感があるが、あえてKodacで挑戦してみた。

今日は、その現像においての考察。

山の話ではありません。

まず感じたこと。

ネガがやたらオレンジ色をしている。

このフィルムのほうが、フジのフィルムよりフィルムベースが固いのでちょっと巻きづらい感じがした。

現像液、定着液が薄いオレンジ色っぽくなる。

フジだとこれがピンク色っぽくなる。

現像自体はうまくいったと思ったのだが、現像ムラなのか、ハレーションなのか山頂での写真2枚に縦線が入っていた。

Teityakumura Teityakumura2

良く見ると太陽を挟んで大きく弧を描いているのでハレーションかもしれないけどなんだかちょっと嫌な感じ。

Haretion

間の太陽を入れた写真はハレーション出まくりでした。

フィルムそのものはコダックの方が数十円安いけどどうやらフジの方が使いやすいみたいです。

もう一本買っちゃったフィルムをつかいおえたらまたフジを使ってみましょう。

| | Comments (0)

Thursday, 03 December 2009

井の頭動物園 動物

動物の近くにいるととてもほっとする。

たとえば井の頭動物園。

のんびり一周するといろんな動物に会える。

子供のころから行っているから、モノクロームの記憶が良く似合う。

寒い時や天気の悪い時は一通り見たら、資料館のビーズクッションでくつろぎながら本を読むのも最高。

ただ、資料館は子供と行くといいんだけど、一人で行くとちょっと浮いている感じがする。

5月までパスポートがあるから、また時々行ってみましょう。

Hanakohanaka

| | Comments (0)

Tuesday, 01 December 2009

土日の食事

ここのところ持ち歩いているお弁当。

Iwatakenigiri Kayamarunigiri Kayamarunigiri2

T90のモノクロ写真で見るととてもおいしそうに感じる。

おにぎり以外は適当に残り物を詰めているだけだがなかなかどうしてこれがまたおいしい。

毎回これに、水筒の水と、お湯を一つづつ持っていく。

水は途中で飲んで、お湯は弁当の時に紅茶などを飲むために使う。

お昼の温かい飲み物は疲れがとれてとてもいい。

水場で汲んで山頂で沸かしたらもっとおいしいかもしれないなぁ。

これもおいしかった。

Sawanoikiki

| | Comments (0)

その他のカテゴリー

B-PUMP荻窪 | BASECAMP | EOSシステム | FDシステム | iPOD | Lマウントシステム | PUMP2 | T-WALL江戸川橋店 | T-WALL錦糸町 | その他の岩場(H) | その他の岩場(I) | つづら岩 | アイドル・芸能 | アニメ・コミック | アンドロイド | ウォーキング | カサメリ沢 | カシミール | カメラ機材 | クライミング | コンパクトカメラ | サムズアップクライミングジム | スイミング | スポーツ祭東京2013 | トレラン | トレーニング | パソコン・インターネット | ヒーロー物 | ファイブテンカップ | フィルムスキャン | ボルダリング | ポメラ | マイクロフォーサーズ | マニュアルフォーカス | マラソン大会・ランニング | マンガ・アニメ | モノクローム | 三ツ峠 | 中判カメラ | 二子山 | 二輪 | 写真・カメラ | 北川の岩場 | 地下足袋ラン | 城ケ崎シーサイド | 城ケ崎ファミリークラック・エリア | 城山 | 天王岩 | 太刀岡山 | 小川山 | 山歩き | 山菜 | 岩根山荘アイスツリー | 川乗谷の岩場 | 広沢寺 | 懐古趣味 | 携帯・デジカメ | 散歩写真 | 旅行・地域 | 日原白妙橋 | 日向和田カーネルロック | 日向和田ハーフドーム | 日和田山 | 日記・コラム・つぶやき | 旧地番 | 暗室 | 書籍・雑誌 | 本日(最近)のできごと | 東久留米スポーツセンター | 東吾野阿寺の岩場 | 氷川屏風岩 | 池田フェイス | 河又の岩場 | 河又雷岩 | 湯河原幕岩 | 烏山中学校クライミングウォール | 特撮 | 玉川上水 | 甲府幕岩 | 画像補正 | 神戸の岩場 | 祭り | 移動用乗り物 | 筆記具 | 経済・政治・国際 | 聖人岩 | 花・木 | 障子岩 | 障子岩三池ロック | 食べ物 | 鷹取山