191 posts categorized "カメラ機材"

Saturday, 10 December 2011

EFレンズを整理。でもまだまだカメラもレンズもいっぱいある。

ひょんなことから、残っていたEF-Sレンズを放出することになった。
そもそも、EOS KissX2に魅力を感じていないので、レンズも使う機会が少なく、これといって魅力的なレンズではないから未練はなかった。
ちょっと持ち歩きには、Pen EP-1もあるし、とっても中途半端になってしまっていた。
ということで、
EOSシステムのラインナップは。

レンズ
EF17-40mmF4L USM
EF28 F2.8
EF50 F1.4USM
EF70-200mmF4L USM
EF100 F2.8マクロ
短焦点とLレンズで17-200mmを拡充。

本体
EOS-1V
EOS KissX2

きがついたら、FDシステムの方がラインナップが拡充していた。
NFD35 F2
NFD50 F1.4
NFD50 F3.5マクロ
NFD135mm f2.8
NFD200mmマクロF4

本体
New F-1AE
T90
AE-1

ライカマウントのキヤノンレンズ、フィルムコンパクトなんかを入れるとやっぱカメラ多いなあ。

今度岩行く時はこの辺からどれか持っていこう!
カメラハーネス買うかな。


| | Comments (0)

Thursday, 23 December 2010

笹尾根ハイク

101223_sasaone 101223_sasaone_y

暖かい今日は小河内神社から西原峠、上川乗から生藤山には行ったものの西原峠-浅間峠までの一番笹尾根らしいところを歩いていなかったので、そこをを歩いてみました。

五日市から朝一番のバスで仲ノ平へ。

前にも見ましたが、西東京バスは、最初の便で新聞を配っていました。

いつも下って登るときつそうだと思っていた浅間峠までですが、ここのところきついところを多く歩いていたのかラクラク尾根に取り付きました。

Pc230836  Pc230837 Pc230839

大岳山を右に、左に富士山と先日登った権現山方面の尾根と下方には西原集落を見ながらずんずんと進んで行きました。

基本的にはだんだんと高度を下げながら進んでいくわけでたまにピークはあるものの人ともすれ違わずのんびりとした尾根歩きでした。

Pc230841 Pc230842 Pc230843 Pc230844 Pc230845

振り返ると大菩薩連嶺方面はすっかり雪景色でした。

峠毎に上野原方面の案内がありWackeyさんも言っていたけどこちら側から登るのも楽しそうです。

Pc230846 Pc230847 Pc230849 Pc230851

石の道しるべには、「ひだり さいはら」「みぎ かづま」と書いてありました。

笹尾根も昔は交易路だったんでしょう。

いつもの通り予定よりも早くすすみ、浅間峠で早飯と思っていたのですが、まだ11時チョイ過ぎとちょっと早すぎの感があったので熊倉山まで進みました。

Pc230853 Pc230855

熊倉山

熊倉山は、実は一部の方に送った去年の年賀状のモノクロ富士山を撮ったところです。

まだ12時前でしたがここでお昼をいただきました。

今日は、横着して、カップヌードルカレーライトとレトルトごはん。

お湯を沸かしてカップヌードルを半分ぐらい食べたところで、ご飯を無理やり入れて食べましたが煮込めばおいしいんでしょうが、かたいうちに食べたので△でした。

こんなことなら、チンしてから運んだ方がよさそうです。

どうせバスは14:08発なので、のんびり30分かけてお昼をいただき(だったらユックリ作ればいいのに)先にお昼を食べていたご夫婦会話をしたりしました。

このご夫婦は、水戸から朝一番にいらっしゃったそうです。

食事が終わって、軍荼利神社元社の先から早々に下山し、軍荼利神社奥の院をぬけ、神社のお水をいただいてきました。

ちなみに軍荼利神社は勝負の神様だそうです。

Pc230856 Pc230857 Pc230858 Pc230859 Pc230860

ここの水は本当においしいです。

富士山や先日の雨降り山などを見ながら井戸バス停まであるいて40分ほどバス停でバスを待っている間にパノラマ撮影をしてみました。

Ido_p Pc230861 Pc230862

ちなみに、今日のフィルムカメラはものすごく久しぶりにこれを使ってみました。

Pc230866

メーターはないし寄れないことが難点だけど、軽さはPEN並みで機動力も高く結構便利でした。

これなら、35mmだけでなく、50mmや90mmも楽々持ち歩けますから寄れない分をカバーできるとり方ができそうです。

メーターは、ネガのラチチュードでのカバーと、カンとPENが教えてくれますからなんとでもなるので問題なさそうです。

また集中して使ってみましょう。

| | Comments (0)

Friday, 12 November 2010

コダックの発色がなかなかいい

この前のG/Wに続き使って見たコダックのE200。
このポジは、青の発色がかなりいい。
この前も北海道で晴れたときに抜けるようなデフォルメされたような青空がいいと思ったのですが、この前の乾徳山があがってきて、とてもいいと感じた。

こんな感じ。
00310009 00310015 00310026

ね、迫力を感じるでしょ。
4Baseのデータだけれどちょっとこれを続けていこうかと思う。


| | Comments (0)

Thursday, 08 July 2010

Pen EP-1のファームアップを実施した。

nam。さんに教えられてまったく気が付いていなかったPenのファームアップをしました。
本体、レンズ2本とも新しいファームが出ていました。

さっそくファームアップしました。
AF性能向上とのことでした。

で、ちょっと過酷なフォーカスを試してみたのですが、、、、、室内ではあまり変わりませんでした。
今までうまくいかなかったような被写体をそとで試してみたいと思います。

| | Comments (1)

Monday, 17 May 2010

UEだから1990年製。

あれっ。EF28 F2.8がてもとに。

久しぶりに松坂屋カメラに行ったら、軽い広角ジーコレンズを探していた私の目の前に。

手持ちがないからあきらめようと思ったのですが、J-debitの恐ろしさ。

今のは本当に衝動買いでした。

つぎの日曜日に使ってみましょう。

| | Comments (1)

Tuesday, 11 May 2010

ひさしぶりのポジ、ついでにDVD

G/Wの北海道。
なんだかんだ迷ってポジを持っていったのだが土曜日にあがっていたのにすっかり取りに行き忘れていて今日あわてて取りに行ってきた。

今回は、コダックのフィルムでコダック純正仕上げ。
コダック純正DVDで16BASE。
お手軽プリントはこのDVDから行ったり、ポジだから投影したりといろいろ楽しめるのでこれもいいかもしれない。
で、旭山動物園からの1枚。
Or1004290015
天気はあまり良くなかったけど結構きれいな発色をしていました。

今回の驚きは、70-200を3m~∞にしていたらこのキリンぐらいがアップの限界で、ペンギンとかはなんと近すぎて撮れないものもありました。

何枚かSPEEDLIGHT160Eも使ったのですが、これでもいい色出てました。
モノクロも、ポジも、ネガもそれぞれあっておもしろいなあ。

| | Comments (0)

Monday, 03 May 2010

帰ってきて三鷹ジムへ

北斗星が上野に到着して、午前中に家に帰ったのだがしっかり寝られたため午後から出かけたくなり、ヨドバシにデジプリント、ポジ現像を頼みにいきがてら三鷹ジムへ。
P5021689 P5031691 P5031692
登別温泉のプールで泳いだりしていたので、まあまあの動きができました。
さて、明日は山だ。

| | Comments (0)

Sunday, 07 February 2010

峰谷橋-ドラム缶橋-ヌカザス尾根-三頭山-槇寄山-数馬(仲ノ平)

今日は、7時50分の峰谷行きに乗って五日市からのバス便がよくなる3月を待って行くはずだった三頭山へ待ち切れずに行ってきました。

救助隊日誌を読んだので、これからは日帰りでも登山計画書を出すことに決めたので、今回は第一弾としてPDF Extentionsにしたファイルで作成した登山計画書を提出しました。

100207mitou

待望のドラム缶橋はわりとしっかりしていて橋の上には釣人が二人いました。

P2071350 P2071351 P2071352

道に這い上がり(もっと先に行くと普通に上がれたみたいですが)三頭山登山道へ。

途中おいしい水場があるらしいのですが見落としてしまいました。

登り始めるとすぐに雪、雪、雪。

ワクワクしてきます。

P2071354 P2071358

途中追いついた人がアイゼンをつけようとしていて、「私はもう少ししたら」なんて言いながらイヨ山まで行っちゃおうと目論んでいたのですが、結局途中でつけて進みました。

ただ、雪が柔らかいから付けているのが楽なのかどうかは良くわかりません。

P2071359 P2071360 P2071362 ←これはサルの足跡?

とにかくだんだん急になってくるし、風が結構強いし、さらに吹き溜まりはどんどん雪が深くなり足元がおぼつかないためスピードは上がらず結構疲れました。

P2071365 P2071366 P2071369 P2071370

何本かのトレースを踏みながら進んで行きましたが、さすがに丹波の金風呂方面へは踏み跡はありませんでした。

この時期こっちに行っちゃったら知り合いでもいなきゃ帰れないもんね。

ツネ泣き坂あたりはかなりしんどい登りでしたが、だんだんまたゆるくなってきて、最後のの登りと思ったら巻き道に入り西峰、中央峰、東峰と登りそれぞれ富士山と大岳山がきれいに見えました。

P2071373 P2071374 P2071375 P2071377

さらにしばらく進んで予定通り12時ちょっとすぎに三頭山避難小屋へ。

ここでお昼をいただきました。

ついでにBook Crossingの本をリリース。

都レンジャーの方が来て本を忘れものだと片づけられそうになったので、しれっとしながらちょっと話していると「この中マイナス6度だ。外のがあったかいぞ。」だって。

P2071381 P2071382 P2071383

あとは、もう笹尾根をのんきに進むだけなので、雪があると言いながらも余裕で距離を稼いでいくと大沢山を越えたあたりで二匹の猟犬がなつっこくついてきて一緒に歩きだしました。

おいおい仕事しなくていいのか?主人が事故にでもあってるのか?

なんて声をかけながら進んでいくと一匹は途中で立ち止まったもののもう一匹は完全になついてしまったのか前に後ろにと西原峠まできてしまいました。

P2071386 P2071387 P2071389 P2071390 P2071393

さすがにこのあたりでわかれるかと思ったら、仲ノ平バス停方面へさらに一緒についてきました。

ちなみにこんなところで高尾山の標識を見るとは思わなかった。

とうとう人家のあるところまで下り立ちつながれていた犬が吠えだしたらさすがに山へ戻って行きました。ばいばい。

この先ではずしたアイゼンを片づけているときAE-1を落下させてしまいました。

今のところ機能に支障はないようですが、底蓋にへこみができてしまいました。

ちょっとショックです。

予定よりも余裕で仲ノ平バス停まで下り立ったので数馬の湯に行きしっかり休んで予定のバスに乗って約1時間武蔵五日市から帰路につきました。

P2071395 P2071396

今日の教訓は、やっぱり雪は疲れるし、予想以上に時間が稼げないので余裕を持っていこうということ。かな。

| | Comments (0)

Saturday, 30 January 2010

東日原→三ツドッケ→蕎麦粒山→日向沢の峰→川苔山(のそば)→鳩ノ巣

100130mitsudoke →GPS省電力モードは精度が落ちる?

前日の飲み会が遅くまでかかると分かっていたので、高水三山→青梅丘陵というのを考えていた。

のに、酔っていると気が大きくなるようで、東日原←→三ツドッケにすることにして出発。

したのだが、それ以上に頑張ってしまいました。

今日も東日原から。

P1301267 P1301268 P1301269 P1301270 P1301271

あっという間にバス停が小さくなっていき日原集落がみわたせました。

出足こそ急坂だったものの、奥多摩工業の柵の横を通りぬけ、尾根沿いに歩き始めてからはわりと緩やかな登りが続きました。

右手に天祖山や雲取山を見ながら登っていくと目的の三つドッケが見えてきて、目の前に一杯水の避難小屋につきました。

P1301274 P1301275_2 P1301276

ここまで、コースタイムが2時間半の予定が1時間半でついてしまい10時30分だったので三つドッケに先に登ることにして長沢背稜を少し歩きました。

ここも石尾根同様緩やかに歩ける尾根道でした。

そして、三ツドッケは木が茂っていて景色が悪いと聞いていたのですが、しっかり切られていて素晴らしい見晴らしでした。

P1301277 P1301278 P1301279 P1301280

三つ目のトッケを下り一杯水避難小屋に戻りお昼に。

登りで追い越した方が先にお昼を召し上がっていました。

今日はここでのんびり泊まりだそうです。

P1301282 P1301283 P1301284

さすがに許容量を越えたビール1.5杯+サワー2杯の名残も消え、お昼を食べ終わっても12時まえということで蕎麦粒山までと話しながらもう気持ちは川苔山を越えて本仁田山-ゴンザス尾根-もえぎの湯に。

埼玉県との県境を進み蕎麦粒山や日向沢の峰を進みました。

途中旧名栗村(飯能市)側へ下る道や、棒ノ峰方面に行く道などがありました。

バスの時刻を見ておいてこっちに下りるのも楽しいかもしれません。

さすがに川苔山の山頂はパスして大ダワまで来たけれどここで2時。

P1301298 P1301300 P1301301

本仁田山まで登り2Km+ゴンザス尾根は「無理」と判断しそのまま鳩ノ巣に下りました。

駅に着いて時刻表を確認していると駅員さんに「来てるから走って」といわれるままに走って電車に乗った結果ちょっとだけ早めに帰ってきました。

川苔山付近で携帯の方は途切れてましたがそこまでで約16Kmだったので、今日は大体20Km位でしょうか。

って考えるとびっくりするほどでもないのかもしれません。

(ちなみに大ダワって地名はいっぱいあるけどどんな意味なんでしょう。→最近気が付いたけど山の名前とか「トッケ」みたいな用語ってかなりアイヌ語みたいです。今度調べてみましょう。)

| | Comments (1)

Friday, 27 November 2009

山行きのカメラ

山行きのカメラローテーション

 →EOS-1V→重く感じてくると

↑        ↓

↑        ↓

         AE-1

↑        ↓

↑  手軽なままで、フォーカスだけは自分で

↑        T90

↑        ↓

↑        やっぱり硬派で行きたくなると

↑        ↓

↑      New F-1

←←←←←←←そしてやっぱりAF。

というローテーションが何となく定着してきているのだが、(なんて順番は結構適当だけど)

これに、VILを加えてみようかと思う。

かっこ悪いけど現実的な連動露出計をつけるか、単体露出計を持ち歩くか思案のしどころですが、明日一本取り終われたら、35mmでも付けて日曜日に試してみましょう。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

B-PUMP荻窪 | BASECAMP | EOSシステム | FDシステム | iPOD | Lマウントシステム | PUMP2 | T-WALL江戸川橋店 | T-WALL錦糸町 | その他の岩場(H) | その他の岩場(I) | つづら岩 | アイドル・芸能 | アニメ・コミック | アンドロイド | ウォーキング | カサメリ沢 | カシミール | カメラ機材 | クライミング | コンパクトカメラ | サムズアップクライミングジム | スイミング | スポーツ祭東京2013 | トレラン | トレーニング | パソコン・インターネット | ヒーロー物 | ファイブテンカップ | フィルムスキャン | ボルダリング | ポメラ | マイクロフォーサーズ | マニュアルフォーカス | マラソン大会・ランニング | マンガ・アニメ | モノクローム | 三ツ峠 | 中判カメラ | 二子山 | 二輪 | 写真・カメラ | 北川の岩場 | 地下足袋ラン | 城ケ崎シーサイド | 城ケ崎ファミリークラック・エリア | 城山 | 天王岩 | 太刀岡山 | 小川山 | 山歩き | 山菜 | 岩根山荘アイスツリー | 川乗谷の岩場 | 広沢寺 | 懐古趣味 | 携帯・デジカメ | 散歩写真 | 旅行・地域 | 日原白妙橋 | 日向和田カーネルロック | 日向和田ハーフドーム | 日和田山 | 日記・コラム・つぶやき | 旧地番 | 暗室 | 書籍・雑誌 | 本日(最近)のできごと | 東久留米スポーツセンター | 東吾野阿寺の岩場 | 氷川屏風岩 | 池田フェイス | 河又の岩場 | 河又雷岩 | 湯河原幕岩 | 烏山中学校クライミングウォール | 特撮 | 玉川上水 | 甲府幕岩 | 画像補正 | 神戸の岩場 | 祭り | 移動用乗り物 | 筆記具 | 経済・政治・国際 | 聖人岩 | 花・木 | 障子岩 | 障子岩三池ロック | 食べ物 | 鷹取山