15 posts categorized "コンパクトカメラ"

Sunday, 18 March 2012

久々の山行、笹子-寂惝(ショウ)尾根-滝子山-笹子雁ヶ腹摺山-笹子、帰りに烏山中学でちょっとだけクライミング

全然山に行っていないので近くの山でいいから雪のあるうちに行きたいと思い笹子めぐり。

120318_takigosasagoganga 120318_takigosasagoganga_y

笹子-寂惝(ショウ)尾根-滝子山-笹子雁ヶ腹摺山-笹子という回遊ルートにしたのだが、山と高原地図のコースタイムでは笹子7:10スタートでは笹子戻りが17:30頃になってしまう。

いくらコースタイムよりは早いだろうといえどもちょっと。。。ということで、いつもの中央本線方面の始発よりも早く行くために4:20に出発し、西荻まで歩いてスタート。

立川、大月で乗り継いで6:30ごろ笹子に到着。

この電車、甲府までだけど機動力上がるなあ。

笹子から期待の寂惝(ショウ)尾根へ。

寂惝庵というところの庭のようなところから登り始め。

Img_0152 Img_0153 Img_0154 Img_0157

岩稜もあるとのことで楽しみで登って行きました。

わかりにくい、迷いやすい、上級者向け。と地図には書いてあるけど、まっすぐな尾根で岩場もほどほどで楽しめました。

Img_0161 Img_0163 Img_0164 Img_0165 Img_0166

北斜面は雪が残っているといってもずるずるでやたら消耗しました。

滝子山であった人が寂惝(ショウ)尾根だと思ったと違うルートで登ってきていて、悔しがって私の予定の笹子雁ヶ腹摺山までのコースを先に行くとのこと。

「あとから行きまーす」と行って追いかけ弟子出発したものの早いこと早いこと。全然追いつけませんでした。

こっちはといえば、やたら滑るので6本爪アイゼンを履けばすぐ雪がなくなり、はずすとまたずるずると凍結のくりかえしでへろへろになってあるき、大鹿峠についたころにはもう敗退しよっかなという気分でした。

Img_0169 Img_0171

ここから御坊山までがまた雪が嫌な感じで残っていて滑る急登でへろへろ。

御坊山に11:30までにつかなかったら引き返そうとか、3回木に頭ぶつけたら帰ろうとかいろいろ理由付けて下ることを考えつつお坊山へ。

Img_0172 Img_0173

でもここまで来ちゃうと、今日のコースを先回りされたのが悔しくて気楽に頑張ろうと先に進みました。

米沢山、その先の小ピークについて笹子雁ヶ腹摺山が見えてきたときはホッとしましたが、雨もしっかり降ってきました。

Img_0175 Img_0179 Img_0180

レインウェアを着てあとはまたひたすら融けかかった雪で滑りながら笹子雁ヶ腹摺山に着いた時は雨が結構降っていました。

ここで、15:25着予定が12:30。それでも最後まで前を行く人には追いつけませんでした。

行動食としてパンをかじってそうそうに下山。

これがまたひたすら単調な下りでした。

ところで、山頂よこに看板の跡があるのはなんだったんでしょう。

お墓の裏に下山して、笹子駅まで甲州街道をてくてくと。

お約束のハッピードリンクショップがここにもありました。

Img_0183 Img_0185

笹子駅についてまだちょっと時間があったので、笹子餅を買いに行って駅にもどり、14:00ちょっとすぎの高尾行きに。

これだと高尾で京王線に乗り換えれば千歳烏山には15:40頃には着ける。

ということは、16:00-18:00のクライミングができる。

ということでダイソーで靴下を買って烏山中学プールのクライミングウォールへ。

TOPロープだし、2時間しかないからアップとか考えずに楽しんで登りました。

5.10b、5.10c、5.10c、5.10c、5.10d(できず)、5.10d(できず)、5.10d(できず)

といった感じで7-8本、「ガ」メラさんの課題を中心にやりましたが、今回は全部借り物で登らせいただいたのでチョークバックがないからレストしても指が拭けず指先が湿って悲しい限りでした。

でも、最後に3回チャレンジした10dは、さすがにボテのところでもう疲れきってて足が上がりませんでした。

ということで7時間半の山行と2時間のクライミング。

とても充実した日曜日でした。

| | Comments (0)

Wednesday, 21 April 2010

ピアノ

先日のフォトラバーさんの花見? フォト・ラ・BARの写真が出来上がってきました。

100403img 100420_piano


ピアノってカラーでもモノクロでも様になっている気がします。

小学校の時「子供のバイエル上巻」いわゆる「赤いバイエル」はやっていました。

| | Comments (0)

Tuesday, 16 February 2010

冬にはモノクロがよく似合う

雪でモノクロームの世界。

ネオパンSSがそれを表現してくれました。

今回は、AutoboyD5にもかかわらず、なかなかどうしてきれいな写真が取れていました。

100214img_0001 100214img_0009 100214img_0010 100214img_0018

水中用の近距離撮影固定モードも役に立ってくれたようです。

撮り終わって帰りの電車で裏ぶたを開けると「ぷしゅー」だって。

密閉性が良くわかりました。

天気が悪い日には安心して使えるので結構すぐれものかもしれません。

さあ、今度はどれで行きましょうか。

| | Comments (0)

Sunday, 14 February 2010

本仁田山-ゴンザス尾根-もえぎの湯直行ルート

100214honita こんなルートでした。

鳩ノ巣山から出発し、今日一番でスタートと思ったらすでに足跡がありました。

ただ、当然川苔山方面へ行くようで、大根山の神からは昨日の雪を一番に踏みしめて進みました。

自分の足跡しかないのはやっぱり気持ちがいいものです。

P2141397 P2141399 P2141402 P2141407

まずはコブタカ山。川苔山から降りてくるときや、本仁田山へ行くときの交差点的な役割で損していますが、こんなにきれいです。

P2141408 P2141409 P2141412 

振り返ると下からガスが上がってきていてちょっと天気が不安。

まだ9時台だったのでもうこのあたりからは意識してペースを落として進みました。

木々の間からは真白に光った天祖山や、三ツドッケなどが見えて日原へ誘っているようでした。

そして本仁田山今日一番乗りで一休み。

P2141415 P2141417 P2141416

しばらくすると反対側から一人登ってきて、後ろから登山部の団体が登ってくるとの情報をいただいたので、早々に切り上げて人がいない花折度尾根へ。

ここは、ほとんど踏み跡がなく、急坂を下りると動物の足跡や荒らした後だらけ、しかも獣臭い。

これまで見たことがないちょっと大きな足跡がありました。熊?

P2141418 P2141419 P2141422 P2141423

頭の上から落ちてくる氷を受けながら予定通りのタイムでチクマ山通過。

尾根の下は街なので、「いーしやーきいもー」ときこえてきて笑えました。

この直前でだれとも合わないと思っていたのに一人すれ違いました。

P2141424 P2141425 P2141428 P2141429

だんだん周りが白っぽく薄暗くなってきているけど地図通り順調にいよいよ最近の踏み跡がないゴンザス尾根へ。

前情報では、広い尾根で迷いやすいとのことでしたがそんなことはなく、時々地図で方向を確認しておくぐらいで、支尾根もおおくなく日原6号鉄塔の横の岩で風をよけてお昼をいただきました。

P2141432

そのあと5号鉄塔まで行くとすぐ下に海沢方面が見渡せ、下を抜けて下っていくとテレビの中継アンテナが林立。

ここで土が見えてきそうだったのでアイゼンを外し、だいぶ寒くなってきたので、レインウェアで寒さよけ。

ここからすぐ先の地下に氷川トンネルが走っているようです。

P2141433 P2141434

もう少し下るとNHKの中継所。MXテレビも便乗してました。

この下は、NHK巡視路の案内と鉄塔の案内に従って順調に下って行きました。

もう車が見えそうになってきたころまっすぐ降りて行くところを倒木でふさいだようになっている分岐があり、2号鉄塔の案内につられて行くと山の神が二つあり、鉄塔も見つけました。

ただ、ここからどう見てもおりるところがなく周りをだいぶ探ったのですが、どう確認しても道がなくこんなところで迷ったか?って感じになったので、さっきの分岐まで引き返すことにすると、倒木の先にNHK巡視路の案内が。

こっちじゃんと下っていくとわずか200mぐらいで登山道入り口に到着。

P2141437 P2141438 P2141439

ものの3,4分でもえぎの湯に到着し、汗を流して奥多摩駅へ。

ちょっとじかんがあったので、またまた氷川サービスステーションで一休みして帰路へ。

今日はショートコースでしたが、迷った分だけ予定をオーバーしました。

| | Comments (0)

Thursday, 23 July 2009

わくわく。

わくわく

Pen0001

ワクワク

Pen0002

ワクワク

Pen0003

さてさて

Pen0004

from新宿西口地下 by AutoboyD5

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明日に備えて

1.AutoboyD5にはじめて入れたモノクロフィルムを撮り終えて現像。

2.40.5mmの中古フィルター、37mmのフィルター、液晶保護フィルムを準備。

3.キタムラで2GBのSDを購入。

さて、あとは待つだけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 05 July 2009

あれっ 気になる。

デジタルになって鳴り物入りで再登場したOLYMPUS PEN

「眼」がないんだから絶対に一眼じゃない、(ビューファインダーまである)。

レンズ交換式のコンデジでしょ。これは。

(マイクロ)フォーサーズって、35mm換算で1/2になっちゃうし。

なんて肯定する部分が全然なくて名前以外全く興味ない部類だったんですけど。

宮崎あおいのCM見てたら、結構かっこいい。

(大人っぽい宮崎あおいが?かも。)

チャゲ&飛鳥じゃないけど向かい風が何とも言えない。

で、肝心なスペック。

毎日持ち歩くんならパンケーキ17mm(34mm相当)は結構いいかも。

ミラーレスのフランジバックでMアダプターとか、FDアダプターとかある。

たとえば、サンニッパが、ロクニッパになってしまうのに補正レンズなしでつかえる。

RF500mmF8なんて、1000mmF8になっちゃう。

ほんとに持ってる135mmF2.8が、270mmF2.8になったりする。

なんか面白いかも。

PenFのようにファインダーがあったら即買いなんだけど。

| | Comments (2)

Friday, 12 June 2009

白金の旧地番

目黒から高輪台へ抜ける三田用水の近くの道。

明学の裏手ですが、このあたり旧家がおおいのか、区画制るが終わったのが遅いのかいくつも旧地番の表札がありました。

ただ、住所、名前が一体化しているやつばかりだったので、マンションの入口にあったやつをひとつ。

Shirokaneimasato116

こんな井戸とか、緑の公衆電話の後ろにはうまく写りませんでしたが、昔々のロードショーのポスターが貼られていました。

Shirokaneido Dempo 

このへん、大学のころバイトで一緒だったサーファーのクロちゃんのうちのあたりなんだよね。

たぶん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新しい電車

散歩写真はポジとモノクロで行こうのポジ第一弾。

先日、副都心線で早稲田大学のある駅に行ってきました。

ここは、椅子までおしゃれでした。

Isu

NaturaBlack+TREBIでも結構きれいに撮れました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 28 May 2009

とりあえず2枚(旧地番もあり)

乾燥したので、スキャンしました。

まずは2枚ほど。

旧東海道に面した城南小学校の校門に旧地番がありました。

Jonansyo

八つ山通り沿いの「アスパラ」

Aspara

誰が植えたんでしょうね。

食べるのかなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

B-PUMP荻窪 | BASECAMP | EOSシステム | FDシステム | iPOD | Lマウントシステム | PUMP2 | T-WALL江戸川橋店 | T-WALL錦糸町 | その他の岩場(H) | その他の岩場(I) | つづら岩 | アイドル・芸能 | アニメ・コミック | アンドロイド | ウォーキング | カサメリ沢 | カシミール | カメラ機材 | クライミング | コンパクトカメラ | サムズアップクライミングジム | スイミング | スポーツ祭東京2013 | トレラン | トレーニング | パソコン・インターネット | ヒーロー物 | ファイブテンカップ | フィルムスキャン | ボルダリング | ポメラ | マイクロフォーサーズ | マニュアルフォーカス | マラソン大会・ランニング | マンガ・アニメ | モノクローム | 三ツ峠 | 中判カメラ | 二子山 | 二輪 | 写真・カメラ | 北川の岩場 | 地下足袋ラン | 城ケ崎シーサイド | 城ケ崎ファミリークラック・エリア | 城山 | 天王岩 | 太刀岡山 | 小川山 | 山歩き | 山菜 | 岩根山荘アイスツリー | 川乗谷の岩場 | 広沢寺 | 懐古趣味 | 携帯・デジカメ | 散歩写真 | 旅行・地域 | 日原白妙橋 | 日向和田カーネルロック | 日向和田ハーフドーム | 日和田山 | 日記・コラム・つぶやき | 旧地番 | 暗室 | 書籍・雑誌 | 本日(最近)のできごと | 東久留米スポーツセンター | 東吾野阿寺の岩場 | 氷川屏風岩 | 池田フェイス | 河又の岩場 | 河又雷岩 | 湯河原幕岩 | 烏山中学校クライミングウォール | 特撮 | 玉川上水 | 甲府幕岩 | 画像補正 | 神戸の岩場 | 祭り | 移動用乗り物 | 筆記具 | 経済・政治・国際 | 聖人岩 | 花・木 | 障子岩 | 障子岩三池ロック | 食べ物 | 鷹取山