« 180321 あまりの予報の悪さに二子はあきらめてPUMP1でジムトレ。 | Main | 180407 雲の中。そして任侠落ち体験。 »

Sunday, 25 March 2018

180324_びしょ濡れの弓状、探検したりぞーきん掛けしたり。

午前中晴れで午後曇り。気温は高いという予報。

道は、雪があるもののわだちは溶けていて影響なし。
正直かなり期待して行ったところ、股峠の駐車場でびしょびしょなので転進するとの情報。
でも、自分の目で見ないと納得できないし、みんな行ってるしで行ってみる。
まあ、予想以上にびしょびしょでほぼ全ルート絶望的。(そんな中で合間を縫って唐獅子牡丹はRPが出る快挙でしたが。)
任侠は、3ピン目横のアンダーから4ピン目カチの前までと、アンダーがびしょぬれというか流れてる状態。
慌てても仕方がないので、いろいろ探検することに。
右壁、NSRあたりは少々登れる。
皆さんが広場に集結してきた中、反対側、祠を経てローソク岩まで行ってみました。
初めていきましたが景色最高!
こんなところがまだあるんだ!という感じでした。
「帰りますか」と言ってしまうほどテンションが下がってしまったけど、やっぱ登ります。
ダイとゴン、その右横の10cぐらいっていわれているところを一応フラッシュ。これってなんてルート名なんでしょう。
まだ気持ちはうだうだしてましたが、唐獅子を登る皆さんを見ているうちにどうせ練習ってやるならぞーきん掛けしながら任侠やるのがいいな。と盛り上がってきてスタート。
一便目は3,4ピン目のびしょびしょにやられてさらに5ピン目からのアンダーがレストすると滝行状態で拭いても流れていて、アンダーも表裏びっしょりでカチ取りに手を出せない。良く拭いても水は止まらず終了。
二便目、やっぱ4ピン掛けたら怖くて進めない。カチ取りはアンダー持ってると手のひらに水がたまる悲しい状態で今日はトップアウトどころじゃありませんでした。
ちょっと一週あいだがあくので「右肩痛い」なんて言ってらんないのでちゃんとレストしてベストな状態にしておきます。
Simg_20180324_085353 Simg_20180324_091230 Simg_20180324_091442 Simg_20180324_101018 Simg_20180324_101442 Simg_20180324_102249

|

« 180321 あまりの予報の悪さに二子はあきらめてPUMP1でジムトレ。 | Main | 180407 雲の中。そして任侠落ち体験。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 180321 あまりの予報の悪さに二子はあきらめてPUMP1でジムトレ。 | Main | 180407 雲の中。そして任侠落ち体験。 »