« 2016年のまとめ クライミング98回の内訳 | Main | 170104 今年最初はPUMP2 »

Saturday, 31 December 2016

2016年のまとめ 登れたルート編

この一年は6月にアルトという足を手にしたおかげで電車・バスの呪縛から解放されて行ったことのなかった岩場にも足を伸ばせるようになったためグレード関係なく数えると53本のオンサイト、フラッシュ、レッドポイントができました。
みんなそれぞれ想いがありますがピックアップして。
★ノースマウンテン(二子山 弓状)2016年初めは実はバイパス(二子山 広場)から。続けてパワー&ストレッチ(障子岩)も登ったけどやっぱりこれを登れてようやく二子山デビューできたかなというルートでした。ずいぶん前な気がしてたけど今年だったんだってのも驚きです。
★畑(河又)ずっと前にやって放置していた課題。わりとあっさり登れて自分の進歩を感じました。
★モダンラヴ(二子山 弓状)雪の頃粘った甲斐があったルートです。
★火の鳥(二子山 弓状)まさかワンシーズンに三つも登れるとは思っていませんでした。このあたりからRP近くなっての皆さんのワンポイントアドバイスが効いてます。
★スティンガー(池田フェイス)これも行かない核心のルートでしたがすっきりしたフェイスを登る楽しいルートだと思います。
★秋葉大権現(北川の岩場)平日休みをとったので朝しっかり雨が降っていたけど回復予報だったので行って結果を残した一日でした。出足といい、中間部といいビレイヤーを信じなくては登れないルートです。
★カラヤブリ(神戸の岩場)あんまり行かないし、乾いているのも珍しいここで秋の長雨シーズンにオトシブミと続けてぞーきん片手に登りました。5月におめでとう~っていわれながら最後に落ちて以来の三日目、10月の短い期間をものにできました。
★ベトルーシュカ(二子山 弓状)梅雨前に終われず今シーズン再びチャレンジでした。最後はやってるつもりのムーブをやっていないことをHさんにアドバイスいただいたことが決め手になりました。やっぱりムーブが決め手。
タンクトップが決め手ではないですね。
S.V.P.(二子山 弓状)年内にここまでこれるとは。弓状でも長い部類のルート入門編なんだと思います。最初はこんなの出来るのかいなって感じでしたが下から積み上げでだんだん高度があがっていくのはとても楽しかったです。
これもいくつかの核心でアドバイスをいただいたのが突破口になったと思います。
そしてとうとうおいしいよーの挑戦権を獲得。
まだまだですが拝みホールド突破から頑張って行きます!
★ごんべえ、鬼ヶ島、孫御飯(二子山 祠)実はこれだけ二子に来ていて祠では登ったことがありませんでした。ごんべえ、孫御飯はフラッシュしたあとこんなに暖かいアップルートがあるということに気付いたので使わせていただいています。
鬼ヶ島は最後のところに三便かかりました。

と振り返ると結局のところどのルートも楽しいし、それぞれに思い出が出来て行くものですね。
そしてどの岩場も楽しい。
書いていくと全部になっちゃうのでこの辺にしますが、腰越の立岩の独特なルートなんかもほんと楽しかったです。
さあ、来年はどんなルートに出会って、どんな想いを抱くのか期待いっぱいでの年越しです。

|

« 2016年のまとめ クライミング98回の内訳 | Main | 170104 今年最初はPUMP2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2016年のまとめ クライミング98回の内訳 | Main | 170104 今年最初はPUMP2 »