« 161123 二子山。左手のひらがビリッと。 | Main | 20161203 夜祭を避けて近場でまったり、蛇岩雷岩 »

Saturday, 26 November 2016

161126 二子山。雪のあとで寒かった。

最近のパターンとして霧の秩父を抜けるところから始まる二子山通い。
木曜日の雪の影響は 林道以外全くなく快適な道のり。
林道はスタッドレスが早速活躍しました。
岩場は晴れてて陽もあたって暖かい。
 今日は ちょっとねらってます。
蛇の道は蛇のアプローチ、ワーカーホリックとこなしてビレイをしていたらすっかり雲が出てきて気温が下がってしまいました。
焼き石して行きます。
S.V.P.
一便目 手がかじかんで6ピン目の左手が持ててるんだかよくわからない。ヒールもなんか決まらない。とあたふたして掛けられずにFall。7ピン目もヌンチャクつかんでしまった。で上までいったけどお座りレストしてるのに厳しい。と、前回より後退。
手の持久力だなあ。
さらに寒さが厳しくなってきてなんとなく昼寝したり気合いが入らず。
さすがに一便トライで帰ったんじゃもったいないしつまらない。
で、朝のたくらみとは程遠いトライの 二便目。
割と順調に6ピン目まで。右アンダーからの一手の足位置が定まってない!で、できない。テンションムーブだったのか?
何度かやったけど余力がなくて雑になってきたのでおしまい。
一便目と二便目の間が三時間!
間あけすぎでしょ。
今日は早上がりしたので小鹿野の肉の丸清で豚肉の味噌漬けを購入。
登れてないのに…
次はもう寒さにも慣れてガンガン行きますよ~

|

« 161123 二子山。左手のひらがビリッと。 | Main | 20161203 夜祭を避けて近場でまったり、蛇岩雷岩 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 161123 二子山。左手のひらがビリッと。 | Main | 20161203 夜祭を避けて近場でまったり、蛇岩雷岩 »