« 台風一過で天王岩をめざしたけどびしょびしょ過ぎてPUMP2へ。 | Main | どこまで行けるか長距離ランにチャレンジ。目標の大月には行けず。 »

Sunday, 24 June 2012

小川山セレクション自分たちだけで。トラバースは次回。

韮崎駅からレンタカーという方法で小川山まで。
今日はセレクションを自分たちだけでやってみるのが目標。
時間があればもう一つどこかを。
まずは予想通り2峰にたどり着くのが核心。
迷いつつ着いたのはソラマメスラブでした。
気を取り直して2峰取り付きへ。
結構空いていて驚きましたが、それでも前に2パーティ登っていたようで、さらに準備をしているときにもう1パーティ。
その後ろから登らせていただきました。
今回は、1,2,4ピッチと最終エスケープをTOPで行かせていただきました。
1ピッチ目のクラック。
クラックは2回目となるとだいぶコツがわかってきてハンドジャムばかりじゃなく、フットジャムで固めて安定しているときにカムを使うというのがこのくらい簡単なグレードだとかなり安心してできました。
2ピッチ目 ダイヤモンドスラブ
スラブでランナウトなこのルート、えーっ、まだボルトないの?と苦しみながらも今回は、前回以上に足を決めてしっかり乗りこんで手には頼らないように登りました。
でもやっぱり怖いです。
ここで、2つ先行の1パーティが立木から懸垂下降。
ダイヤモンドスラブを登っている時から、石をばしばし落とされていたのですが、最後まで「落ッ」という声は聞こえませんでした。
3ピッチ目は懸垂下降を待って前のパーティと並んでゆっくりと順番待ち。
4ピッチ目の立木から登るクラックとスラブ。
ここもわりと怖いですね。
ここで、先行パーティのダルマ下のトラバースを探りに行くのを待っていたのですが、「濡れてて無理」と引き返されて上にエスケープされていました。
やっぱり触ってみたいので、入れ替わって行ってみましたが、
濡れているのは奥の方ぐらいとたかをくくっていたら、アンダーで手をかけると手が濡れて、足元もよく見ると水がしっかりと滲みていてさすがに手足ともびしょびしょなので、無理をせず引き返してエスケープ。
トラバースと、最後のクラックは次回に見送りとなりました。
とはいえ、2峰の頂上まで自分たちだけで登れたのはうれしい限りです。
途中待ち時間などがあり、10時ごろには取り付いたのに、登り終えたら13:40頃。
懸垂下降して、片づけて駐車場に戻ったらすでに15:00すぎということで今日はここで終了。
セレクション。まだまだ登りこみたいです。

|

« 台風一過で天王岩をめざしたけどびしょびしょ過ぎてPUMP2へ。 | Main | どこまで行けるか長距離ランにチャレンジ。目標の大月には行けず。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 台風一過で天王岩をめざしたけどびしょびしょ過ぎてPUMP2へ。 | Main | どこまで行けるか長距離ランにチャレンジ。目標の大月には行けず。 »