« 車で来たら早すぎた。 | Main | 登りたくても膝を考えてここは我慢で。 »

Sunday, 15 August 2010

ウォーキング、水泳、チャリ、クライミングで5.10cを4本もオンサイト出来た。。

奥多摩いこいの道散策はまた今度にして今日もクライミング。

午前中に動くと午後から非常に調子がいい。

朝、もうすでに走りたくなっているのを我慢してウォーキング。
スタート前にしっかりストレッチをやって、井の頭公園の競技場のストレッチの案内をしっかりとフルコースやってみてさらに戻ってきてからもストレッチをしっかりとやったらなんと腕のこわばりを感じなかった。
ということは、足もいい感じでしょう。

9:00を待って水泳1時間。
今日は、前が詰まるたびに泳ぐコースと歩くコースを行ったり来たりして自分のペースで止まらないで動いていました。
これをやると調子がいいのです。
水泳も前後にいつも以上のストレッチ。
そして今日は移動にチャリを使ってみました。
チェーンがさびて固まっているところがあるほどのっていませんでしたがそれはCRC556を吹いてあとは走ってなじませるだけ。
ちょっと不安でしたが、自宅-高井戸-吉祥寺-仙川-多摩水道橋-登戸-中野島PUMP2-多摩水道橋-仙川-自宅と移動しました。

狛江までは最近も歩いたし、登戸は子供のころチャリで釣りに行ってたし問題ないでしょと1時間。
この調子が怪しいチャリでは結構疲れました。

とはいえこれが良かったのかウォーミングアップに5.10a
そのあとは、昨日できなかった5.10cを完登。
その後は、5.10cを4本オンサイトと絶好調。
調子に乗って最後にもう一本5.10bでクールダウンと思ったら最後の2手ぐらいのところで支えきれず、クリップもできずに落ちました。
結構落ちたので落ちたところまで上がる力もなくもう7本目だったのでこれでおしまい。
15分しっかりアイシングしてからチャリで帰りました。

ただ、汗だくの上に汗だくになってしまい、こんな日はチャリは厳しいことを実感しました。
あと、往復1時間ずつだったから良かったもののチャリは膝痛にもきわどかったようです。

|

« 車で来たら早すぎた。 | Main | 登りたくても膝を考えてここは我慢で。 »

Comments

明日、御岳方面行ってみようと思います。まずはケーブルカーを上ります。

Posted by: nam。 | Sunday, 15 August 2010 at 21:29

御岳ビジターセンターのHPを見ておくのをお勧めします。
http://www2.ocn.ne.jp/~mitakevc/
そして、立ち寄ると散策マップなんかがもらえます。
御岳山は手軽に終わらせれば高尾山よりちょろいけどいろんな遊び方ができるいい山だと思います。
余裕があればぜひ日の出山で山頂気分を味わってみてください。

Posted by: Buchi | Sunday, 15 August 2010 at 21:45

おっと、月曜日は休館ですね。
そういえば京王のHPにも御岳山情報が沢山あります。
多摩の乗り物はほとんど京王なんですね。

Posted by: Buchi | Sunday, 15 August 2010 at 21:55

山はしばらくお休みでしょうか?
まぁ、この時期は奥多摩の山とはいえ暑いですからね。
それでもアグレッシブに運動しているようですね。

私はお盆真っ只中の土日に富士山に登ってきました。
辛かったですね。3000mを超えた辺りから呼吸すると胸が苦しくなりました。
ヒーヒーいいながらも初めて頂上に立つことができたようです。
できたようです。というのはご来光前に着いた頂上は強い風とガスでまっしろ。ご来光を見るために慌しく下山したので、暗い頂上には多くの人でごった返していたという印象だけで、何がどうなっていたのか?よくわからなかったからです。

日にちが日にちだっただけに本当に多くの人が登っていました。小さな子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで。女性も多かったし、アジア系、ヨーロッパ系の外人も多く登っていました。世界で一番混雑する高山なんでしょうね。どのくらいの混雑かというとラッシュ時に運休してしまった山手線のホームといった感じです。
そんなに混雑しているにもかかわらず、夜もヘッドライトで足元をてらしながら列をなしてもくもくと頂上目指して登るさまを見て感じたことは、富士山に登るということはよくいう登山ではなく、「富士登山」という名前のスポーツか、富士山信仰という宗教行事、7月から2ヶ月少し続く祭りに参加することなんだということ。
どう見ても普段は山登りしないだろう。って感じの人がいっぱいいるんですよ。
富士山に登った、という人に「山登りをするんですか?」と聞いても「はぁ?」って答える人がいますよね。あれもそういうことなんだなぁ、と。

それだけ富士山には人をひきつける魅力もあるんでしょうね。
何度も何度も登る人がいるように。

私は辛かったけど、また登りたいですね。
頂上がどうなっていたのかよくわからなかったものですから。もう少し空いたときに見てみたいですね。

Posted by: wackey | Monday, 16 August 2010 at 14:32

富士登山、お疲れ様でした。
3000mごえはきっと別世界でしょうね。
ところで富士登山はやっぱり「儀式」ですね。
登山する人は一度はチャレンジ。
普段のぼらない人もなぜかチャレンジ。
普段のぼらないけどちょっと劔岳になんて人はいませんからね。
この前、朝日新聞に「1合目から登山」って記事がありました。
通すと3000mを強烈に体験できるんでしょうか。
なにはともあれ魅力的な山ですね。

Posted by: Buchi | Monday, 16 August 2010 at 21:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 車で来たら早すぎた。 | Main | 登りたくても膝を考えてここは我慢で。 »