« 山は無理だったので三鷹ジムへ。 | Main | 一足お先に »

Sunday, 25 April 2010

鷹ノ巣山で特製昼飯。

今日の行程
100425takanosu 100425takanosu_g
先週と同じ7時25分発の小菅行きに乗り、倉戸口から鷹ノ巣山をめざしました。
P4251636
奥多摩湖沿いの道路から階段を上って倉戸山の登山口がスタート
P4251637 P4251638
最初はちょっと急坂で広い広葉樹林の尾根を登り始めるとあっという間に倉戸山についてしまいました。
P4251640 P4251641
このあたりは動物の踏み跡や地面に転がった跡がたくさんあるし栗の木があったりとたしかにクマに出逢いそうな雰囲気がありました。
登って行くほどに広くゆるやかになっていく尾根道を進んでいくと突然ダチョウのような生き物が飛び跳ねました。
と思ったら、2頭のシカのお尻でした。
奥多摩でやっとサルより大きい動物を見ました。
これ以上大きいのは会いたくないですけど。
 またしばらく進み、とくに目印はないところでしたが榧ノ木山ノあたりで朝のおやつにバームクーヘンを一つ。4時台に朝飯を食べるとどうもおなかがすいてしまいます。
水根の分岐から石尾根重層路まではまたちょっと登りがきつくなり石尾根に乗ったら鷹ノ巣山はすぐそこ。
12:30到着の予定が10:40ごろには早くも到着。ゆっくりお昼の準備を開始しました。
昨晩お好み焼きでご飯がなかったので、今日は特製昼食。
ちょっと塩を入れた粉と生みそ汁を持参。
お湯を沸かしつつ、ビニールの中で粉をよく練ってすいとんに。
P4251647 P4251648 P4251649 P4251650
ゆでが甘くてちょっと真ん中が生っぽかったけどおいしく頂きました。
食後に鍋をすすぎつつもう一度お湯を沸かして紅茶を一杯。
ここまでの所要時間約30分強。
すぐ出来て荷物も軽くなるし日持ちするし、みそ汁の部分を変えれば結構バリエーションもあるし縦走に向いているかもしれません。
11:20には早々と撤収して日原方面へ下山。
まだまだ登ってくる人がたくさんいらっしゃいました。
稲村尾根まで下りてちょろっと行ってみるかとリュックを置いて登ってみました。
P4251652 P4251653
ボルダリングをはじめて楽しくなっているだろうから調子に乗らないように自分に言い聞かせようと思ったのですが、落ちても大丈夫なように守られているところで登りやすい靴をつかって登ることを覚え、身の程を知ったようで、途中まで行くと怖くてどうしようか迷ううほどだったので、そういうときは無理をするのはやめようと思い途中までで引き返しました。
ずっと下ってきて足が疲れているから正しい選択だったと思います。
こんな早くに降りて来たので、とっとと戻ってもえぎの湯へ。
スタンプ三つ目でソフトドリンクももらいくつろいで駅に戻ると交番前で見慣れた顔が。。。
中学時代の同級生でした。
永遠の電車小僧の○○大付属小学校のH先生はNikonのMFをぶら下げていたので、「電車?」と聞くと、
「今日はオレンジの電車(201系)が運転されるので山の秘密の撮影スポットに登って写真を撮っていた」んだそうです。

どおりで朝やたら三脚とカメラを持ってる電車小僧が多いと思ったらそういうことだったのですね。
と、割と近くでシカを見たり、同級生を見たり(会ったり)とよい偶然が多かった一日でした。

|

« 山は無理だったので三鷹ジムへ。 | Main | 一足お先に »

Comments

Buchiさん、こんばんは!

さすがに鷹ノ巣山はもう雪は無いようですね。

ここは2年前の秋に水根から鷹ノ巣山に登り榧ノ木尾根を倉戸山に下りましたが、その数日後にかの世界的登山家が倉戸山下で熊に襲われました。同じ所を歩いてました… 何でも榧ノ木尾根あたりは熊が多いらしいです。

お気を付けを!

そうそう、倉戸山頂のヤマザクラはどうでしたか?

Posted by: 川越人 | Monday, 26 April 2010 21:02

川越人さん。
まだってことはないのでヤマザクラはすっかり終わっていたようで全然咲いていませんでした。
しかし、クマといえば山野井さんはあそこをトレーニングで走っていらっしゃったんですよね。
私にはそっちの方が驚きです。

Posted by: Buchi | Monday, 26 April 2010 22:55

The comments to this entry are closed.

« 山は無理だったので三鷹ジムへ。 | Main | 一足お先に »