« 年が明けたら | Main | おなかがすいて力が出ない~八王子城址-堂所山-矢の音-吉野-藤野 »

Saturday, 09 January 2010

川乗橋-百尋の滝-足毛岩の肩-川苔山-赤久奈山-古里

今年のまともな山歩き第一弾は川苔山から。

100109kawanori

青梅を越えたあたりから山の北斜面はすでに白ーくなっていました。

例によって8:35の東日原行き。

P1091073

きょうは、三連休の初日ということもあり結構混んでいました。

しかも、川乗橋より先まで行く人がたくさんいました。

雪の雲取山へでも行くのでしょうか。

私の方は予定通り川乗橋で降り、登山道まで舗装された林道をのんびりと登って行きました。

道端に大きなつららがあったり、横を流れる川苔谷は小さな滝があったりと結構きれいな流れでした。

ただ、いくつも遭難した方のレリーフがありました。

P1091074 P1091075 P1091076 P1091077

雪はほどほどで、このあたりではうっすらと白んでいる程度ですが、時折風花が飛んだりとワクワクさせてくれました。

まずは百尋の先を目指しましたが、カラーで撮っても「モノクロの世界」でした。

P1091079 P1091080 P1091083

ここからは、ちょっと急になったりなだらかだったりと変化があって飽きずに進めました。

分岐から足毛岩の肩方面へまわってみましたがこちらは下ってきた足跡一つでほんの1cmぐらいですがフカフカの雪を踏みしめながら進みました。

途中ウサギ?って感じの足跡がありました。

残念ながらウサギはみられず足毛岩の肩まで来たところで、リスが走り抜けていきました。

P1091084 P1091085

ここからはもうひと踏ん張り小さなピークを越える最後の登りで川苔山の山頂。

P1091086 P1091087 P1091088 P1091089 P1091090

川苔山山頂は開けていて気持ちがいいので六つ石山、鷹ノ巣山と並んで何度でも来ようと思います。

12:00到着目標で、11:25ごろでしたが今日はここでお昼にすることにしました。

雪を想定し、折り畳み三角椅子を持参していたので雪に座ることもなく、楽チンでした。

さらに、この前の寒さのようなことにならないようにフリース取り外し可のジャンバーを持参していたので暖かくのんびりとお昼がいただけました。

お昼を食べたら反対側に下り、崩れた川苔小屋を横目に赤杭尾根を古里方面へ。

尾根に出ると、新宿まで見渡せました。

P1091091 P1091092 P1091093 P1091095

これを撮ったあたりでいつの間にかiso6400にしてしまったようでこの先の写りは最悪になってしまいました。

P1091097 P1091098 P1091099

で、赤久奈山を通過し、古里と川井の分岐を古里方面へ下り早々に古里駅に到着。

14:30の青梅行きに乗って帰りました。

今日の歩行距離は途中ちょっと怪しい挙動をしたGPSによると約16.7Kmでした。

|

« 年が明けたら | Main | おなかがすいて力が出ない~八王子城址-堂所山-矢の音-吉野-藤野 »

Comments

山となると中学生時代までさかのぼってしまい実感があまりないのですが、雪山となるとスキーに直結して逆に身近な感じです。
小雪まじりの風景をみるとなんかうらやましいのと行ってみたい気持ちになってしまいます。
レリーフのこういう使い方初めて知りました。合掌。

Posted by: nam。 | Sunday, 10 January 2010 22:58

nam。さん毎度です。

不思議と雪ってワクワクしますね。

レリーフには「調子に乗って無理するんじゃないぞ」って言い聞かされている感じがしました。
長く続ける趣味にするためにも自分の限界は常に意識していこうと思います。

Posted by: Buchi | Sunday, 10 January 2010 23:04

The comments to this entry are closed.

« 年が明けたら | Main | おなかがすいて力が出ない~八王子城址-堂所山-矢の音-吉野-藤野 »