« 雪を求めて鷹ノ巣山 | Main | フィルム現像 »

Sunday, 20 December 2009

奥多摩湖-御前山-避難小屋(Bookcrossing)-鋸山-奥多摩駅

昨日に引き続き奥多摩へ。

昨日の東日原行とおなじ8:35に出発する鴨沢西行きのバスにのり奥多摩湖へ。

堺橋で一人降りたものの奥多摩湖で降りたのは私一人。

みなさんもっと遠くへ行くのですね。

鴨沢から雲取山でしょうか。

Damu Ogouchidamu Tyojohiroba

小河内ダムを渡り公園のようなところから登り始めます。

頂上広場なんて書いてあるからすぐに登れそうに見えちゃいます。

実は昔々高校生のころ、バイトが一緒だったS君と奥多摩にツーリングに来た時に、頂上広場という言葉に騙されてライダーブーツのままぐいぐい登って30分ぐらい登ったところでこれはおかしいと引き返したことがあります。

その時の記憶よりもずっと急坂が続き、小石がガラガラしていて滑るし、つかまるところがないので四本足で進むところもありました。

そんなじゃなかった記憶があるんだけどなあ。

とはいえ、出足で2匹もリスを見て楽しいスタートになりました。

そういえば20数年前のそのときもリスを見ました。

このあたりはリスが多いんでしょうか。

奥多摩湖を見下ろしながらきつい登りとものすごくなだらかなところを交互に進んでいきサス沢山へ。

とても奇麗に奥多摩湖が見降ろせました。

Sasusawa Okutamako

ゆるやかな尾根を進んでいった先で、こんな看板が。

登山道と山道の違いってなに?

Yuruone Yamamichi

地形図通りの形がわかりやすい地形をすすみ、サス沢山から地図で数えた通りに3つ目の小ピークで西からくる尾根と合流し、もうひと登りすると惣岳山。

ここから御前山は公園のように整備された道でした。

御前山の手前に富士山がきれいに見えるベンチがあり、御前山からもきれいなのかと思ったら北側しか開けていませんでした。

それで手前にベンチがあったようです。

Sougakusan Gozenyamatyou Kawanorisobatubu

今日はここがお昼の予定でしたがまだ11時チョイ前だったし、ここから鋸山まで1時間ほどと書かれていたのでそのまま進み、気になっていた「避難小屋」を見学。

Gozenhinangoya

別に泊まらなくてもこういうところを利用すればお昼に寒い思いをしなくても済むんでしょうね。

と覗いていると、先日拾ってもらったと話題にあげたBookcrossingのラベルつきの本が1冊置かれていました。

自分が置くことはあっても置いてあるのを見つけたのは初めてなので、受け取ってきました。

この先もまたのんびりと進める尾根道で、御前山までは一人しか会わなかったのに、避難小屋付近では多分同じバスで堺橋で降りた人とすれ違い、そのあともチャリの二人組、三人組に出会い、さらに久しぶりに走っている人に追い抜かれました。

Kuronooyama Odawa

跡形もない鋸山避難小屋のすぐ先で鋸山林道の舗装路に出たところが大ダワ。

ここから鋸山まで登り返し。

このあたり熊の目撃情報があるところです。

岩場や鉄の階段など疲れている足には結構きつい登りを少々行くと鋸山。

時間はと言えば12時10分過ぎぐらいでちょうどよいのでお昼にしました。

Nokogiri Nokoben

このころから風が強くなって木の陰に隠れてお昼にしたのですが寒くて寒くて。

ユニクロだけでは食べている手が冷えてしまいそこから体がどんどん冷え切ってしまいました。

まるで、初詣に夜中遊んで日の出を待っているときのような寒さなのです。

暖かい紅茶でもちっとも体が温まらないので早々に荷物をたたんで出発。

歩きだしてしばらくしたら高度も下がってきて暖かくなりました。

あとは、前回は反対側から登った鎖場がそんなにきつくないじゃんと感じて下りたり、このあたりは川石を担いで上がってきたのか丸い石が多いと思ったりしつつ愛宕山は相変わらず通れないので、登計集落へ迂回。

Nokokusariba Kusarimiorosi

愛宕山を巻いてつり橋を渡ってもえぎの湯へ。

早々に切り上げて約17.9Kmの道のりでした。

Gozenyama

おまけ。

こういう石を積んだものをよく見かけますがこれって何なんでしょ。

信仰?

Tsumiishi

|

« 雪を求めて鷹ノ巣山 | Main | フィルム現像 »

Comments

The comments to this entry are closed.