« サンタの準備 | Main | モノクロームの味 »

Monday, 14 December 2009

鳩ノ巣-大楢峠-海沢探勝路-大岳山ー馬頭刈山-五日市

今日は鳩ノ巣から大岳山を越えて五日市方面へと向かった。
鳩ノ巣-御岳-大岳山ではどうにも時間がかかってしまい五日市方面は厳しそうだったのでいろいろ予備調査をしたら、海沢というところを通って行くとどうやらいけそうだと分かりそちらをめざした。

鳩ノ巣から大楢峠で海沢林道に出る。
すっかり下りになっていつしか舗装路になったあと海沢探勝路の入り口に到着。

Onaratoge Otakeura Unazawa 

ワサビ田と沢の流れを越えていくといくつもの滝がある素敵なところでした。
途中鉄の階段やこんな岩を越える楽しみもあり、ワサビ田を縫うように走るモノレールをくぐったりかなり楽しめました。

Tansyoro Tansyoro2_2 Tansyoro3 Odaki Otakeakuro

「悪路」と書かれているものの全然そんなことはなく、この前の川苔山-本仁田山の間の方がよっぽど「悪路」でした。

沢を離れて登り始めると鋸尾根まで結構ずるずるの坂を登って行き結構体力を消耗しました。
楽しいと言いながら、このあたりで、手ぬぐいの上にかぶっていた帽子をいつの間にか落としてしまいました。
アフリカへも行った18年ものでしたがさようなら。
いつかまた登った時に落ちてたら拾ってきましょう。

Saneki 05620
鋸尾根の登る寸前に取り付いた尾根に出ていた標識、「奥多摩、白丸、鳩ノ巣」3駅に戻れる道です。
ついでに鋸尾根からの入口の標識。
なぜか案内がありません。

大岳山はまたまたかすんでいて景色が悪く、SOYJOYを一つ食べて早々に移動を開始しました。
ちょっと降りたところにある大岳山荘は、「本日閉店」と書いてありましたが、もうやっていない様子でした。

Otakesantyo Otakesanso Otakebunki

富士見台でお昼にしようとして、ベンチに女性がお二人いらっしゃったのですが、横のベンチをお借りして、一緒にお昼をいただきました。
おみそ汁や、おまんじゅう、リンゴまでたくさんいただきおかげで今日は豪華なお昼になりました。
本当に「ごちそうさまでした」

このお二方はいま、関東ふれあいの道を踏破中だそうです。

食べている最中に通り過ぎて行った方から実は富士見台はもうちょっと先だと教えていただきましたがまあいいでしょ。

ここでなんと自転車の外人さんが通過。
身振り手振り話法で聞いたら、奥多摩からスタートして鋸山林道を通りここまで来たとのこと。
すごすぎ。
歩き出してからこの先も結構岩場があり何度か抜きつ抜かれつしながら進みました。
"Today is not cycling. Up Down! Up Down!"などど嘆いていました。
たぶんだいぶ担がれたんじゃないかと思います。

途中「つづら岩」というところは岩登りスポットらしく皆さん登っていらっしゃいました。

Iwanobori Furikaeriotake Tsuruasi Mazukari

今日はすごい人にいろいろあいますねえ。

鶴脚山、馬頭刈山と越えて軍道で道路に出て十里木まで下ろうと思っていたのですが、その手前で「瀬音の湯」方面という標識が出たので、そちらから瀬音の湯へ。
瀬音の湯手前では、最後に里山歩きを楽しめ、冬イチゴまで見つけました。
冬イチゴはおいしいらしいです。
そして山へ向かうとは思えない散歩道に出ました。

Nitago Fuyuichigo Seoto

汗を流してすっきりしたので、もうひと歩き五日市まで歩いて見ることにしました。
檜原街道の旧道らしき道をのんびりと進むと小一時間で武蔵五日市駅までつきました。
ちょうどホリデー快速に乗れて家路につきました。

今日のお供は、CanonVIL+モノクロ。
現像終わったけどこちらのスキャンはあす以降で。

思った通り大岳-御岳あたりはGPS携帯にはよくない電波が出ているようで今日も途中で落ちてしまいました。
なので、途中主導で記入したため距離は不明です。
もうちょっと行ってるとうれしいけど多分25Kmくらいかな。

Hatootakeitsu

|

« サンタの準備 | Main | モノクロームの味 »

Comments

The comments to this entry are closed.