« 一番無難な7s | Main | 特に話題もなく »

Tuesday, 05 September 2006

あなどれない。最速AF

来週のイベント本番前に7sの操作感をつかんでおきたかったので、午前中時間がないといいながらそそくさと井の頭公園に行ってきました。

これがまた今までのEOS55とはまったく異なる音がまずびっくりです。1ショットごとにフィルムが終わったかのような「パシュッ」という感じの小さなシャッター&巻上げ音。

シャッターとミラーの振動があるのですがしっかり支えられ、これによるブレを心配しなくてもよさそうです。

一番の驚きが心地よいAF。EF50mm F1.8IIと、EF100mm F2.8マクロUSMと、EF75-300mmF4-5.6IS USMと3つ持ってAF速度も試してみたのですが、どのレンズを使っても快適オートフォーカスといった感じで、遅いはずの300mmでも行ったりきたりの迷いがほとんどなく、同じレンズ?!といった感じでした。

考えてみれば2004年3月発売、実機は2006年製。 手持ちのEOS55は、1996年製でしたから、一昔の差があります。電子式システムでの10年の進歩はやっぱり相当なもののようです。

考えてみればEOSKissDigitalよりも新しい機種ですから、フィルムカメラとしては相当完成したものなのでしょう。こうなると銀塩EOSKissシリーズの最終?機のKiss7もお手軽持ち歩き用に試してみたくなっちゃいます。

で、こんな感じでした。AF速度は関係ない写真ばっかりですが(^_^;)

Fh000005

Fh000007_1 Fh000018

Fh000011_3 Fh000021_1

|

« 一番無難な7s | Main | 特に話題もなく »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あなどれない。最速AF:

« 一番無難な7s | Main | 特に話題もなく »