« 今日は近場で | Main | デジタルは寿命が短い »

Monday, 28 August 2006

EOS55の魅力

EOS55が最近一番防湿庫にいる確率が高くなってしまいました。

で、もう一度EOS55の性能を確認してみました。

  1. 11種のカスタムファンクション:これはいいとおもいます。
  2. EOS5に続く縦横対応の3点視線入力AF:メガネと相性が悪いようで、これが私のコンタクトレンズ購入の一因です。
  3. 視線でできる絞込み確認:これがまた、なかなか思ったように動かず、ものすごくストレスを感じさせてくれます。
  4. 2.5コマ/秒の連続給送:運動会のときぐらいしか連写しない私にはこれはOKのようです。
  5. ロックボタンがないパノラマ切り替えスイッチ:カバンから取り出すと気が付くと切り替わっています。(パノラマはいらないので、今はテープで固定しています。)
  6. X接点が1/125なのですが、なぜかML-3や、430EZを付けると1/60でシンクロする。(EOS1000でも1/90だったのに。AE-1も1/60ですけどね。)
  7. スローシンクロできる内蔵ストロボ:今のEOSは夜景モードがあるんですよね。
  8. 割と大きいボディと595g+電池40gと結構な重さ。
  9. 一番悲しいのは、「ぱこっ」とシャッター音とともに響くプラスチックなミラーアップ音とかなり強い衝撃。(お店で触る程度なので感覚的なものですがEOS7sなんかを触ってみてもこんなに感じないです。)

嫌いじゃないんですが、なぜか不満ばっかりです。

Bessaの「バビーン」という音とともに「使いたくなるシャッター音ではない」のが理由でしょうか?

|

« 今日は近場で | Main | デジタルは寿命が短い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference EOS55の魅力:

« 今日は近場で | Main | デジタルは寿命が短い »