« どちらがいいでしょうか | Main | 生き物の歴史 »

Thursday, 20 July 2006

エマルジョン・トランスファー

ポラロイドからプリントから乳剤部分をはがしとってガラスや画用紙なんかに貼り付ける技法のこと。

最近ちょっと気になって、子供の夏休みの自由課題としても楽しそうなので、試してみたいと思っていました。

で、ちょっと調べてみると、これで使えるのは普通のポラロイドフィルムじゃないんですね。

ポラバックとかに使われる業務用のやつでした。

これが使える安いカメラって、HOLGAのポラ用(いわゆるポラホルガ)とか、ポラロイドのピンホールカメラとかかなり怪しいやつしかないみたいなんです。

このためにポラバックが使えるカメラを買うのはありえないので、また振り出しです。

もうちょっと安直にできないか再調査です。

|

« どちらがいいでしょうか | Main | 生き物の歴史 »

Comments

ポラバック。
以前、EOS-1N用を見つけて、なんだろうと思った記憶があります。プロは、ポラチェック必須だったようですね。今はデジの普及でいらなくなったようです。
(だから安価な中古もみられるのか?)

EOS-1xと共にいかがです?

あとお試し・宿題だけなら、マップレンタルのようなプロ機器レンタルという手もあるかも?

Posted by: nam。 | Saturday, 22 July 2006 06:38

あとで気づきましたが
35mm カメラにつけると所詮、ポジの大きさにしかならないですね。

ブログのコメント、トラックバックだと、会話が成り立たないというか、広がりにくいというか、、、
いまどきの若者のようです。

Posted by: nam。 | Saturday, 22 July 2006 07:18

そうですか。
もちろん全然見たことないのですが、なんとなくポラパックっていっぱいに拡大してくれるような気がしてました。
考えてみたらそんなわけないですよね。
そう考えるとブーローニーを使えるHOLGA(ポルガとも言うらしいです。)を見つけるのが楽しそうですね。
でも、すでに販売終了。
おもちゃカメラなのに中古価格が上昇しているみたいです。

Posted by: Buchi | Saturday, 22 July 2006 22:05

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference エマルジョン・トランスファー:

« どちらがいいでしょうか | Main | 生き物の歴史 »