« 火焔山 | Main | エルマー復活! »

Sunday, 05 February 2006

銀塩は終焉に?

今日は、サンデーモーニングでも銀塩フィルム、カメラの撤退が話題になっていました。

映像はニコンハウスの前で”F”をもってはしゃいでいるおじ様方が沢山写り、「操作しているという感じがいいんです」などとうれしそうにインタビューに答えられていました。

さらに、番組の中で、浅井慎平さんが、
デジタルは忠実にその場を切り出し、銀塩は雰囲気を切り出すというようなことを言っていました。

こんなに話題になるのは、やはりいよいよ終焉を迎えているということなんでしょうね。

デジタルな技術で自家現像できるフィルムとかそういった方向への進化というのはありえないんでしょうか。

50年前の機機械が現役で使える銀塩とくらべて、去年の最先端が、今年の安物より性能が落ちてしまうデジタルはやっぱりさびしいですね。

|

« 火焔山 | Main | エルマー復活! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 銀塩は終焉に?:

« 火焔山 | Main | エルマー復活! »