« エルマー9cmの勇姿 | Main | 1938年のドイツってどんなだったの? »

Monday, 23 January 2006

オーバーホール

今日、エルマー9cmをスキヤカメラで見てもらいました。

ヘリコイドはグリスアップで調子よくなるそうです。

ついでにレンズのちいさな擦り傷のようなものは、カビの出始めだそうです。

「コーティングないレンズだから、このくらいならきれいに取れますよ。」

とのことで、オーバーホールを勧められました。

値段は

ヘリコイドグリスアップで\11,000.-

オーバーホールは\16,000.-

ほんの?5千円差です。

迷わずオーバーホールを頼み、「ついでに絞りもちょっとだけ粘る感じがするんですよね。」と見てもらうと。

「うーん渋いですね。

グリスに汚れが付いて動きが悪くなってるんでしょう。

これもしっかり見ときましょう。」

とのことで伝票の指示に「絞りスムーズに」と追加してもらいました。

さらに、レンズガードに出来るフィルターがほしいというと。

A36というフィルターを探していたのがバカみたいに「34mmですね。」

とあっさり出してくれました。

これも、出来上がったときに受け取ることにしてきました。

ライカ系は銀座とかやっぱり得意分野ってあるんでしょうかね。

最初から約2.5万のスキヤさんで展示しているほうを買ったほうがコストパフォーマンスは優れていたかもしれませんが、オーバーホールも初体験なので、よみがえって戻ってくるのが楽しみです。

だって、戦前のレンズが実用的になって戻ってくるんですよ。

これが興奮せずにいられますか。(^_^)

|

« エルマー9cmの勇姿 | Main | 1938年のドイツってどんなだったの? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オーバーホール:

« エルマー9cmの勇姿 | Main | 1938年のドイツってどんなだったの? »