Sunday, 22 April 2018

180421_暑さで熱ダレ。でも盛況の任唐ライン

Simg_20180421_084421 Simg_20180421_085047 Simg_20180421_085156 二輪草が咲き始めていました。
Simg_20180421_094217 Simg_20180421_122100 Simg_20180421_182103 9:41、12:21、18:21の気温。

とても暑くなる予報だしということでちょっと早めに着くぐらいで行ったんですが、股峠の駐車場所に行ってみれば車だらけ。

大盛況ですっかり出遅れた感。
4時起き5時出発だからもう寝ないで行くしかないってことか。
朝からすっかり気温が上がっていて、アップからノースリーブ一枚。
ビレイしてても汗が出る。
アップはワーカーホリックと悪魔のエチュード。
一般的には定番だけど我々は割とやらないパターン。
で、順番を気にしながら任侠へ。
任唐ラインは8人ぐらいで6番目スタート。
でも、みんな速いし、スタートも早かったので一便目は10時台。
一便目~11;:17:5ピン目でフェイクのレストをしてアンダーから左手だすための左足が立てず。やり直して、6ピン目ヌンチャクつかんで上がって終了点まで。6品目保持の練習を少し行う。正直最後のトラバースよりこの6ピン目が重要課題な気がする。
二便目~13:35:やっぱり5ピンまで。立てない。足のあげ方が強引すぎるとの毎度の指摘。テンションムーブになっているということだからうまく組み立て直したいところ。
三便目~15:50:5ピン目でよれよれ。左カチどりを練習。
もう一便って考えてたけど、16時台に爆睡してしまい疲労感いっぱいになってしまってビレイヤーに徹してしまった。
G/Wも頑張ろう!
明日も終日ビレイヤー。

| | Comments (2)

Sunday, 15 April 2018

180415 極悪の天候予報ですいていたけど収穫はタンコブ二つ

ものくごく悪い予報で朝から雨。

だけどついたら晴れていて見た目ベストコンディション。
(後で雨が降ったりやんだりしたけど)
で、すいているので登り放題。
と昨日の疲れがたまっているけど登り始めたらガバの裏側が雑巾で拭けるほど湿っててぬるぬる。一気に気持ちが折れちゃいました。
それが原因なのかわからないけど、
・ホテルの下のコルネで除夜の鐘を鳴らしてしまいました。
帽子をかぶってたおかげで流血の惨事は免れたもののうちに帰って鏡を見たらたんこぶになってました。
・さらに、任侠3便目でスリップして落ちたときに顔を壁に当ててしまい目の横にたんこぶ。お風呂に入ったらちょっと膨れて色が濃くなって青タンっぽくなってしまいました。
踏んだり蹴ったり。
で、登りのほうはどんなかんじだったかっていうと、なんか×××
ダイとゴンを二回登ってすいてるからとっとと一便だして自分のペースで登らせてもらおうと早々に任侠へ
1便目:スタートからぬるぬるしていて、2ピン目のガバで指先が濡れてもう萎えてしまって各駅3ピン目からの一連のムーブでもガバから手がすっぽ抜けてしまった。5ピン目までで一度おりました。
2便目:2ピン目のガバがぬるぬるだともう全然。びしょびしょより怖い。各駅で5ピン目。
3便目:晴れてきて気温も上がり、だいぶ岩が良くなってきて5ピン目。やすめずテンション掛けた後左カチ取りで左足をちゃんと置かないからスリップしてしまい、手を出そうと顔を近づけていたので落ちるときに左眉毛の端あたりをぶつけてしまいました。
4便目:コンディションは今の中で一番だったけれど、余力なし。5ピン目まで。
コンディションもあったけど昨日のトライでよれちゃった感じだったのでもっと余力を持てるようにしていきたいです。
Simg_20180415_074127 Simg_20180415_083201 Simg_20180415_083923 Simg_20180415_090431 Simg_20180415_145918 Simg_20180415_150004 ←15:00の気温。

| | Comments (2)

Saturday, 14 April 2018

180414_久しぶりの北川、雨が降らなかったのに雨宿りばっかり

久しぶりの北側、去年の夏来たときはびしゃびしゃで登れなかったので2年ぶりぐらいになるのかなぁ。

岩はカラカラでばっちりなフリクション。
こんなに乾いた北川って初めてかも。
まずはアップ。
もうすぐ七夕をやって、天の川をトップロープ、北落師門にヌン掛け。
北落師門掛けてあげるよなんて軽く言っておいて本当にただただぶら下がってヌン掛け。
で、バトルかUVどっちか。
謙譲の美徳やってる人がいたのでUVにします。
ちょっとは進歩しててあっさり登れたりして、、なんてひそかにもくろんでたけどやっぱり苦手みたい。
一便目:ヌン掛け。ま、雨宿り+1ピン。つぎは残念ながら相変わらずチョンボ棒です。
二便目:やっぱり抜け出るところができなくて、雨宿り+1ピン。
三便目:雨宿りものぼれず。正対しかできない情けない自分・
四便目:結局雨宿り+1ピン。
きょうは雨宿り三昧で不完全燃焼でした。
あしたは天気がよくて登れるといいなあ。
Simg_20180414_074005 Simg_20180414_074823 Simg_20180414_074837
帰りに気になっていたR299旧道のパン屋へ。
明日のお昼の仕込み~。
Simg_20180414_183946

| | Comments (0)

Sunday, 08 April 2018

180408 混み込み10人

昨日より寒かったけど天気が良く、昨日あんなに浸みだしていたのにしっかり乾いていて期待のコンディション。
Simg_20180408_080311 Simg_20180408_091310 Simg_20180408_171510
でも、みんな狙うのは同じで、任唐ラインは10人の9人目。
1便目が13時台でした。
ダイとゴンを二回登ってアップしたけどだいぶ間が空いてしまいました。
一便目:大事に行きたいところですが、結局5ピン目からしっかり立ち込めず。6ピン目はやっぱりヌンチャクつかんでしまってテンション。ここから上はまとまった感があるのでもう任侠落ちはしないぞー。
二便目:一巡するのに3時間、二便目は16時20頃でした。一番いい感じで5ピン目を掛け、ちょっとレストした感をもって左カチに行ったけど×。やり直してもその次の右手が止まらず。なんか、間をあけすぎてしまって体が硬くなってしまいました。
後の祭りだけど、途中でワーカーホリックとか入れて動いとけばよかった。
来週も2連投したいです。

| | Comments (2)

Saturday, 07 April 2018

180407 雲の中。そして任侠落ち体験。

今週は皆さんに声をかけて久しぶりの2連投。
なんかわくわく。
駐車場につくと傘をさすほどの雨、霧?雲の中。
Simg_20180407_090150 Simg_20180407_090158 Simg_20180407_091038 Simg_20180407_091715 Simg_20180407_091726
現地待ち合わせで準備してたらKさんにアップお付き合いいただきました。
ワーカーホリック、ダイとゴン。
そして任侠。
3ピン目横のガバがびしょびしょ。
一便目はここでアンダーの切り返しが怖くてテンション。ずるずる上がっていって、6ピン目ナイスガバからよたよたと行ってちょっと動けてないなーと思ってたら左手スカッとして「任侠落ち」やっぱりかなり落ちますねー。
今日おろしたロープとSさんのビレイで安心して落ちられました。
二便目:毎度の5ピン目、6ピン目やっぱヌンチャク持っちゃいますわ。今度はちゃんと上に抜けました。
三便目:もういけるとこまで。17:00頃でしたが結構岩が冷たくてやっとこの5ピン目で明日のために拭いて終了。
午後遅くから風が出てきてかなり乾いてました。
Simg_20180407_172641
明日も楽しむぞー

| | Comments (0)

Sunday, 25 March 2018

180324_びしょ濡れの弓状、探検したりぞーきん掛けしたり。

午前中晴れで午後曇り。気温は高いという予報。

道は、雪があるもののわだちは溶けていて影響なし。
正直かなり期待して行ったところ、股峠の駐車場でびしょびしょなので転進するとの情報。
でも、自分の目で見ないと納得できないし、みんな行ってるしで行ってみる。
まあ、予想以上にびしょびしょでほぼ全ルート絶望的。(そんな中で合間を縫って唐獅子牡丹はRPが出る快挙でしたが。)
任侠は、3ピン目横のアンダーから4ピン目カチの前までと、アンダーがびしょぬれというか流れてる状態。
慌てても仕方がないので、いろいろ探検することに。
右壁、NSRあたりは少々登れる。
皆さんが広場に集結してきた中、反対側、祠を経てローソク岩まで行ってみました。
初めていきましたが景色最高!
こんなところがまだあるんだ!という感じでした。
「帰りますか」と言ってしまうほどテンションが下がってしまったけど、やっぱ登ります。
ダイとゴン、その右横の10cぐらいっていわれているところを一応フラッシュ。これってなんてルート名なんでしょう。
まだ気持ちはうだうだしてましたが、唐獅子を登る皆さんを見ているうちにどうせ練習ってやるならぞーきん掛けしながら任侠やるのがいいな。と盛り上がってきてスタート。
一便目は3,4ピン目のびしょびしょにやられてさらに5ピン目からのアンダーがレストすると滝行状態で拭いても流れていて、アンダーも表裏びっしょりでカチ取りに手を出せない。良く拭いても水は止まらず終了。
二便目、やっぱ4ピン掛けたら怖くて進めない。カチ取りはアンダー持ってると手のひらに水がたまる悲しい状態で今日はトップアウトどころじゃありませんでした。
ちょっと一週あいだがあくので「右肩痛い」なんて言ってらんないのでちゃんとレストしてベストな状態にしておきます。
Simg_20180324_085353 Simg_20180324_091230 Simg_20180324_091442 Simg_20180324_101018 Simg_20180324_101442 Simg_20180324_102249

| | Comments (0)

Wednesday, 21 March 2018

180321 あまりの予報の悪さに二子はあきらめてPUMP1でジムトレ。

やたら気温が低くて雨、みぞれの予報にさすがに二子はあきらめて中に。
今日はPUMP1です。
だってパン2もベーキャンもこんな天気じゃ混んでるだろうから。
10:00開店に現地集合でひたすら二本ずつ登る、登る。
グレードはいいとしてビレイとお昼以外休みなしでひたすら登りました。
なんか11aでもできないのあるし、11bなんてみんな登れないしという感じでしたけど普段やらないムーブをいろいろやれたんじゃないかな。
17:00には終わろうなんていいながら17:30まで。
いいトレーニングで楽しめました!

| | Comments (0)

Sunday, 18 March 2018

180318_聖人岩の花粉は減ってきた

二日続けての二子は厳しいので、聖人岩。
こっちのほうが花粉がすごかったので今日は鼻栓を入れてティッシュもいっぱい持参。
結果から言うと、昨日よりも耐えられました。
奥武蔵の花粉はもう終盤で、秩父はまだもうちょっと続くんでしょうか。
前回、前々回と数で持久力をとやってきたけど、やっぱり強度がないと楽しくないし、、、。
きょうはウェーブやります。
合間に少し挟んで全体をトレーニングに。
痒い霜焼け、痛い魚の目をやってウェーブのヌン掛け。
全然できなくて本当にヌン掛けです。
一便目:4ピン目は同じだけど、左手まで止まった。キョンがうまく決まったので安心してその先のムーブを考えてなかった。
合間にウォーミングアップ
二便目:同じ左手まで。その先の核心が結局できてない。
三便目:よれて来てて、キョンが外れる。その上クリップホールドまでは足が決まったかな。
あとは回収なのでここでウォーミングアップ。
何度もやったら、そこそこの強度でいい感じのルートになってきた。
で、最後に行けるとこまで行って回収便。はやっぱり4ピン目だけど、トラバースでもう返せなかった。その上は順番にセルフでかけて最後下からかかんないから4手だけやって回収。
全然違う石灰岩。
正対で力でねじ伏せようとしないで苦手の切り返しをやることでムーブの引き出しを広げるのがここでの一番の目的です。
なんて言ってウェーブも楽しいです。
Simg_20180318_084145

| | Comments (0)

Saturday, 17 March 2018

180317_二子山 任侠の道、ようやく上まで抜けられた

雨上がりは花粉がよく飛ぶ。
でも、あったかいから体もよく動く。
登っておりてクシャンクシャンしながら大進歩の一日でした。
ダイとゴンを二回。
ワーカーホリック
今日は任侠5人でした。
一便目 5ピンで力尽きてしまう。でも上もやる。6ピン目はヌンチャクつかんだけど、そこから上まで、初めて終了点まで抜けられた。
二便目 今度も5ピン目でいっぱいいっぱい。6ピン目を掛けてみた。。。。ら、手繰り落ち~ ~。結局ヌンチャクつかんで上がってこれも終了点までいけた。上は垂壁だから慎重に行けば下よりは行きやすいと感じた。よれてなければね。
三便目 5ピン目まではこんな時でも行ける。そこからが情けない、足上げて立ち上がれず。
一応全体のムーブがわかったので、ここから全体構成の組み立ての始まりです。
現段階の課題は、
・5ピン目まで寄れないで通過。
・しっかりレストをとれるようになる。
・6ピン目のクリップ。
さあ、引き続きがんばるぞー!
↓↓↓↓頂き物の画像↓↓↓↓
Sreceived_930019440497279 Sreceived_930019447163945

| | Comments (2)

Sunday, 11 March 2018

180311 予報より寒かったけど微進歩

そりゃあ朝のうちは曇りの予報だったけどもうちょっとあったかい予報だったような気がするんだよなあ。
アプローチのほうは雨とここのところの暖かさで坂本からも雪も凍結も踏まずに行ける快適さ。
花粉は奥武蔵よりは少ない。
で、登りのほうは「微」進歩でした。
アップは、ダイとゴンを二回。
人数がとても多く任唐ラインも混みそうなのでまずはとっとと一便。
冷たくて感覚がなく4ピン目でテンション。5ピン目で停滞して、6ピン目ヌンチャクもつかめず結構落下。
手繰り落ちてもこんなもんか。
これなら突っ込んでも大丈夫でしょ。

二便目は二時間後。暖かくなってきたから混んできて8人でした。
ま、結局は3便しか出せないんだけど。
5ピン目でやっぱり限界。落ちるまで進んだけどアンダーで落ち。今度はヌンチャクつかんで6ピン目上のムーブ。
OK牧場の意味わかりました。右アンダーポケットからの足がまだよくつかめず左手は出せませんでした。が、ここが微進歩。

三便目もうほんとにぎりぎりで5ピン目まで。6ピン目はやっぱりヌンチャクつかみ。
これずっとやってるとその先がつながらなくなりそうだから思い切ってやってみよう。
もうよれてて右アンダーポケットが保持できず足を試せなかった。
このぐらいになって晴れてきてあったかくなってきた。
もうちょっと早くあったまってくれればよかったのになあ。
今日みたいな微進歩でいいから続けたい。そして下からつなげたい。

Simg_20180311_090038 Simg_20180311_165252

| | Comments (2)

«180304 聖人岩 奥武蔵の粉々にまいった